• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • 【お知らせ】【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第12号配信中!】

    2014-10-28 15:54  
    月曜日の億の近道で、15年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」最新号が10月27日に配信されました。  企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。 創刊号はこちら→ http://okuchika.net/?eid=5177【10/27第12号では】■炎の投資戦略  調整後の投資戦略と各種指数のチェック。■炎のチャレンジ銘柄  電力自由化で活躍が期待される銘柄についてレポート。■平田機工(6258)サプライズ報告  先日取材した同社の詳細レポート。■炎のポートフォリオ大作戦  8/18提示の「IRに熱心な5銘柄で構築されたモデルポートフォリオ300万円」と、9/8号提示のポートフォリオ「過去1年以内にIPOした小型好業績銘柄をコアにした500万円モデ
  • M&Aされる確率の高い企業

    2014-10-28 15:50  
    資本同士の戦いが繰り広げられている資本市場では経営権をめぐっての壮烈な争いが水面下で起きています。  何事もなく平穏無事にビジネスを続けている企業が、ある日突然、株主の論理で経営権を奪われるケースが起きたりします。株式市場に巣食う投資家に翻弄される脇の甘い企業も中には出てきます。通常は対抗措置を取りますが、企業の体力を消耗させることがあります。  それはいくら経営がしっかりしていても評価不足から株主の不満の中で、巻き起こることもあります。新たな投資家や別の企業体のM&Aといった形で変化を生じることになるケースもあります。  キャッシュリッチな企業にもキャッシュプアな企業にも投資家の鋭い目線が注がれています。不特定多数の株主はそうした事象に関心を寄せて資産運用に役立てることが必要です。  未来の運用成果は今からの仕込みの結果です。  今日明日の運用ではなく、数年間にもたらされる運用成果を求め
  • 日本の不動産

    2014-06-13 12:14  
    それにしてもと。チベットやベトナム、台湾、フィリピンなどとのトラブルのニュースを見るにつけ、中国共産党というのは恐ろしく倫理観も節操も無い政治組 織へ変貌してきたと感じます。金と権力維持のためなら侵略だろうが殺人だろうが何でもやる組織です。しかも言う事を聞かなければ自国民へも平然と銃口を向 ける組織ですから、独裁どころでは無く、恐怖政治そのものです。  鄧小平の頃はそれなりに理性があったようですが、天安門事件以降、そして経済力を付けてきた2000年代からは一層の権力維持と拝金主義にのめり込んでいるようです。  10年後に?経済力、軍事力(数量に関しては)などで米国に肩を並べるようになったときにはどうなっているのか想像もつきません。日本はTPPや北方領 土などで米国やロシアと揉めている場合では無く、一刻も早く共同して中国共産党による将来の横暴・侵略に備えねばいけない時代になってきたと感じます