• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • 祝!!令和時代

    2019-05-16 00:20  
     炎のファンドマネージャーとしては4月22日以来の久々の執筆です。 令和時代になって初めてなので取り敢えずはお祝いのメッセージから。 「令和時代への御代変わりを心よりお祝い申し上げます。」 令和時代になって少しは世の中良くなるのかと思っておられる皆さんも多いのかも知れませんが、10連休明けの株式相場に至っては残念ながらお祝いの言葉が空しくなるほど一向に良くなる気配がありません。 株式相場は令和時代突入とともに大きく調整。日経平均は再び21000円接近場面を迎えています。昨年12月24日のボトム形成時と比べると、まだ10%上の水準ながらファーストリテイリングやソフトバンクGの株価が高値に位置していますのでこれらを除くと実質的には2万円割れの2番底形成の過程にあると考えて良いでしょう。 こうした調整場面こそ個人的にはここはチャンスではないかと思ったりもしますが完全にボトムを捉えることは難しいの
  • いつの時もピンチはチャンス

    2016-12-28 01:55  

     2016年も今週で終わり。日経平均は2015年の高値こそ抜けないで終えるもののトランプ相場で2017年への期待感が高まり想定以上に強い掉尾の一振で終えそうです。  年初19000円割れでスタートした日経平均株価は2月と6月に2回にわたる15000円割れを演じたことで多くの投資家はピンチを迎えましたが、いつの時もピンチの後にはチャンスがやってきます。  相場が下がれば弱気に傾きがちになりますが、弱気して多くの投資家が投げた局面でリスクテイクした投資家は大きなリターンを得たと考えられます。  投資家の心理を反映して株式相場は揺れ動きますが、今年も株価下落局面がピンチであるとともに格好の投資チャンスでもあったことになります。  全体相場に限らず、個別銘柄もそれぞれに大きく変動してきた筈です。  皆様が保有されている銘柄も同様にピンチの局面があったのではないでしょうか。  株価は上がり続ける
  • 今日から始まった大相場?

    2016-07-12 19:23  
    ブリグジットショックで萎縮してきた日本株。高値から6000円余りの下落を見せ、この先もまだ円高に影響され、株価は上がらないなどといつまでも弱気を言わないで客観的に見て今日から株高が始まったと誰かが率先し言い始めても良いでしょう。 「日経平均は昨年高値20952.71円から先般の安値14864.01円まで下落した訳ですが、これでボトム。参院選の自民、公明の躍進でアベノミクス が最終仕上げに向けより活発な施策を打ち出し、結果として日経平均は今後3年間にわたり上昇を続け、じわじわと2万7000円まで水準を高めることにな る。  今日からの大相場に乗るか乗らないかはあなた次第。  リスクをとってこそ人生。タンスにしまい込んだキャッシュを株式投資に振り向けるチャンスが来たと認識しよう!!」  という天から降ってきた声を信じる必要はありませんが、まったく根拠がないわけではありません。 その根拠は、 1
  • 有料メルマガライブラリから(168)いまはじっくりと株価の動きを観察するべき時にある

    2015-11-12 19:38  
    有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。  なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。 =「いまはじっくりと株価の動きを観察するべき時にある」=   (有料メルマガ第300回・2014/10/21配信号) ※注 2014年10月現在の内容ですので留意下さい。 【前略】  ここは、じっくりと腰を据えて銘柄研究を行って、株価の観測も行っておいて、リバウンド相場がスタートしてから、その動きについていくのが一番良いのではないかと考えています。  株価のリバウンドのきっかけとなりそうなのは、これからスタートする3月、6月、9月、12月本決算企業の決算短信の発表です。 【中略】  業績が
  • 有料メルマガライブラリから(110)時に市場(=マーケット)は常軌を失う。そのとき自分が正気を保てればチャンスを掴める

    2014-07-16 12:08  
    有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。  なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。  有料メルマガ6/24配信号の特別無料配布について、大反響をいただいております。ありがとうございます。  7/18最終〆切ですので、ご希望の方はお急ぎ下さい。  まだお読みでない方は、 1)まず億の近道掲載の一部伏せ字版をお読みいただくか  http://www.okuchika.net/?eid=5071 2)この文末の申込方法にしたがって、無料購読へお申し込み下さい。  こちらはもちろん実名銘柄表記となっておりますので、今後の銘柄選びのご参考となること請け合いです。ぜひこの機会にお読み