• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • 都立高校の進学実績が伸びている件について~高校受験へ向けて~

    2017-09-01 13:43  

     三男が来年高校受験。都立高校が第一志望です。  さて、公立子育てを標榜する我が家には嬉しいことに、都立高校から難関大学へ現役で合格がこの15年程度、ずっと増加傾向にあります!  都立高校が復権!!  それで、なのかなあ、公立中学校がどんどん見直されています。  都立高校改革の始まった2003年と2017年との大学合格実績を比較しました。  都立といえば、私立に比べて受験に不利で浪人が多いイメージでしたが、その印象は変わりつつあります。  塾にいかなくてもよい面倒見のよい都立が増えたからです。  つまり、中高私立+小中高学習塾(中学受験塾SAPIXや大学受験塾の鉄緑会)に行くケースと、都立で塾なしとのケースを比較します。 小学校の通塾合計で 100万円以上の差(うちの子はゼロ) 中学校と高校の通塾 250万円以上の差(都立は塾がいらない高校が急増しています) 私立と公立の学費の差250
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6

    2016-05-06 16:07  
    ~我が家は中学受験をしないことを決めました 続編~ 1年前、中学受験をしないことを決めた我が家。 江戸川区で4人の男児を女房と共に育てている。通塾はむしろ子どもの好奇心の芽を摘む可能性があるし、小学生にとっては勉強よりも友達と遊ぶことが一番だ。 我が家の4人の息子たちは、全員が区立保育園、区立小学校に進んだ。そして、 全員が中学受験をしないこと、塾に通わないことを決めて、区立中学校という選択をした。 2年前のコラムで強調したのは、子どもは親だけではなく地域社会によっても育まれることだった。区立中学が属する地域社会。地域は玉石混合、多種多様。 そこで強い心、創造性、感受性等を育む試みだ。 区立のよさは、健常者と障害者とが一緒に学び、一緒に育つこと。 いじめや不登校をクラス全体で解決していくことであった。(2年前の主張)http://www.okuchika.net/?eid=4789 ■幼馴
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その5

    2016-04-23 14:12  
    ~我が家は中学受験をしないことを決めました 続編~ 1年前、中学受験をしないことを決めた我が家。 江戸川区で4人の男児を女房と共に育てている。通塾はむしろ子どもの好奇心の芽を摘む可能性があるし、小学生にとっては勉強よりも友達と遊ぶことが一番だ。 我が家の4人の息子たちは、全員が区立保育園、区立小学校に進んだ。そして、 全員が中学受験をしないこと、塾に通わないことを決めて、区立中学校という選択をした。 2年前のコラムで強調したのは、子どもは親だけではなく地域社会によっても育まれることだった。区立中学が属する地域社会。地域は玉石混合、多種多様。 そこで強い心、創造性、感受性等を育む試みだ。 区立のよさは、健常者と障害者とが一緒に学び、一緒に育つこと。 いじめや不登校をクラス全体で解決していくことであった。(2年前の主張) http://www.okuchika.net/?eid=4789 ■公