• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 186件
  • 【対談】日本人はなぜ、なかなか運用を始めないのだろう?

    2020-09-24 23:22 23時間前 
     今回は竹川美奈子さんに対談をお願いしました。[竹川美奈子氏プロフィール] 出版社や新聞社勤務などを経て独立。2000年FP資格を取得後、投資信託やiDeCo(個人型確定拠出年金)、マネープランセミナーなどの講師も務め、投資初心者に向けて長期分散投資のメリットを伝えている。 今回は、悩める個人投資家の本音をよく知るお二人に「日本人はなぜ、なかなか運用を始めないのだろう?」をテーマに語りました。竹川美奈子さん(以下、竹川):「日本人は……」と括るとき、比較対象は欧米になっていることが多いと思いますが、じつはアメリカで活発に投資を行っている個人投資家は富裕層が中心なんですね。 金融リテラシーも含め、一般の生活者レベルで比較すると、日本もアメリカも大きく変わらないという指摘があります。小屋:たしかに、それは感じますね。ただ、日本の場合、最近までお金持ちもあまり運用に積極的ではありませんでした。竹
  • ウェルスナビ 柴山さんと考える『いま日本に必要な金融サービス』-後編

    2020-09-07 17:05  
     今回のメルマガでは、いま運用業界でも話題になっているロボアドバイザーの会社を経営する柴山社長との対談を記事にしました。●それでも心のどこかにある「投資は危ない?」という不安感は的外れ?小屋:アメリカでキャリアの長いファイナンシャル・アドバイザーの人たちと話すと、金融ビジネスは「スノーボールを転がすようなものだ」と言われるんですね。 お客様の信頼を得ることができれば、預かり資産はスノーボールを転がすように徐々に大きくなっていく。ただし、最初の何年かきつい上り坂があって、大変な思いをする。でも、どこかでその坂を超えれば、自然に転がっていって大きくなっていくビジネスだ、と。 僕も会社を立ち上げて数年はきつい時期が続きました。 それでもがんばれたのは、信じてくれるお客様がいてくれたからです。 5年目を迎える頃、預かり資産が増え、結果も出るようになり、目の前で喜んでくれるお客様とさらにいい関係を構
  • ウェルスナビ 柴山さんと考える『いま日本に必要な金融サービス』-前編

    2020-08-23 23:01  
     今回のメルマガでは、いま運用業界でも話題になっているロボアドバイザーの会社を経営する柴山社長との対談を記事にしました。●中学時代、経済に興味を持った2人が資産運用のプロフェッショナルに-個人の世帯や法人オーナーとの対面での相談を中心にライフプランのコンサルティングを行う小屋さん。 AIを使ったロボアドバイザーによる資産運用サービス「WealthNavi(ウェルスナビ)」を立ち上げ、これから資産を形成する若い世代に「長期、積立、分散の資産運用」を広めている柴山さん。 一見、まったく異なるサービスを展開しているよう見えるおふたりですが、古くからの知り合いと聞きました。柴山和久さん(以下、柴山):じつは、中学・高校の同級生なんですよ。中1の時に同じクラスになったのが、小屋さんとの出会いです。同級生の人数が少なかったこともあって、みんな仲が良かったよね?小屋:たしかに。柴山:とにかくみんな真面目
  • 山本潤さんと考える「ポートフォリオ戦略で考える、長期投資の大切さ」-後編

    2020-08-08 01:44  
     今回は同じ億近執筆陣でもあります、山本潤さんとのインタビュー記事後編を作成しましたのでお届けいたします。 前編はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=9341山本潤さんと考える「ポートフォリオ戦略で考える、長期投資の大切さ」●長期目線で考えれば、未曾有の事態にも慌てずに対応できる。小屋: 私たちのお客さまは富裕層の個人が多いので、自分や家族の人生を考えた10年、20年単位の長期的な視野を持ってくれていますが、コロナのパンデミックのような事態が起こると、短期的な値動きにどうしても引っ張られてしまう人が増えると感じます。山本: 人生全体ぐらいの長期スパンで投資を考えるのはとても重要ですね。 私が投資家の方々によく言うのは、 「ご自身が亡くなられた後、孫やひ孫の代まで考えて、運用しましょう」 ということです。 例えば毎年5%の配当がある企業なら、100年経てば500%の
  • 山本潤さんと考える「ポートフォリオ戦略で考える、長期投資の大切さ」-前編

    2020-07-28 00:54  
     今回は同じ億近執筆陣でもあります、山本潤さんとのインタビュー記事を作成しましたのでお届けいたします。「本当の意味での投資」は、長い目線で運用すること-コロンビア大学院修了。哲学・工学・理学の修士号を取得。 外資系投資顧問で日本株式ファンドマネジャーとして20年間運用に携わる。 日本株の成長株投資を得意とし、現在は、株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチにて定額運用サービスを提供している山本潤さん。 個人世帯や法人オーナーからの相談を中心に、ライフプランのコンサルティングを行う小屋さん。 今回は、山本潤さんが4月に出版された「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」を元に、ポートフォリオをベースにして長期目線で株式運用を行うことの大切さについて語っていただきます。 書籍はこちら ⇒ https://amzn.to/2VBY0Rl小屋:今日はよろしくお願いいたします。 山本さんが
  • 顧客の行動から考える残念な3つの資産運用パターン

    2020-07-14 01:41  
     最近は、お客様の資産運用のレポートを作成してまとめているのですが、少なからず、資産運用では取れない方が良い行動をとることによって運用のパフォーマンスを悪化させている顧客を見かけます。 そこで、運用のアドバイザーから見て「残念」と感じる顧客の行動パターンについて考えてみたいと思います。1.1年という短期で運用結果を判断してしまう 1番残念なパターンはこれです。 株式というポジションにお金を投じた場合には、運用のリターンは少なくとも5年、できれば10年以上の時間軸で、資産が成長してくことを理解して欲しいものです。 株式運用を開始するお客様には、口を酸っぱくしてこの事について話をしたうえで運用開始するのですが、一定数のお客様は、そうはいっても1年後に資産が増加していないと継続をあきらめてしまう結果になってしまったりします。 先日も、2015年~2016年の時期に、相場が悪く、1年間で運用を辞め
  • コロナ後の世界を考える

    2020-06-27 20:59  
     最近、会う人たちによく「コロナの影響があるのに、なんで株価はこんなにも強いのでしょうか?」と聞かれることがあります。 こう聞かれたときには「株式市場ではもうコロナの影響は終わった話として扱われているのです」と応えると大変驚かれます。 その意味では、まだまだみなさんコロナの影響を大きく受けているのだなと感じます。 新型コロナウイルスについては、先日6月12日に大阪府の新型コロナウイルス対策本部専門家会議で公表された「K値モデルから見た検証」(大阪大学核物理研究センター 中野教授)http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/37375/00366407/06%20siryou1-2.pptxという資料で、K=直近1週間の感染者数/累計感染者数を観察すると、日本でも海外でも期間を追うと減衰していくという仮説を立てデータも概ねその仮説をたどっています。 その理由について
  • 【書評】初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略(山本潤著)

    2020-06-12 15:21  
    その3 ~長期投資に必要のないもの~ 今回も、投資メルマガ億の近道での執筆陣でもある山本潤さんの書籍をご紹介したいと思います。 https://amzn.to/2VBY0Rl 今回が最終回となります。 最終回は、とても大事な「投資家の社会的役割」について。 書籍のコラムの中に下記のような内容があります(文章は小屋が簡略化してます)。 これは株式投資を行っている人の社会的貢献を示した文章であり、株式投資とはお金儲けだけではない崇高な行動であることを示してもいます。「株式投資を通じて人類の将来の活動に大きな貢献をしたい」という気持ちで株式市場に居続けると、結果的に資産も大きく増えるものだということを投資家の皆さんには理解してほしいと強く思い、このコラムに共感します。【コラム略文】 投資家が拠出した資本は、企業に入り、そこでその企業の社員の固定給となります。 現在の日本では固定給のサラリーマンが
  • 【書評】初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略(山本潤著)その2

    2020-05-29 15:44  
     その2 ~長期投資に必要のないもの~ 今回も、投資メルマガ億の近道での執筆陣でもある山本潤さんの書籍をご紹介したいと思います。 https://amzn.to/2VBY0Rl 本書の第2章では、長期投資に不必要なものをしっかりと整理して解説しています【長期投資に不必要な17つの項目】 ・多数派の意見 ・一発逆転の発想 ・「すぐに上がる」という情報 ・個別株を単独で推奨する人 ・仕手筋の情報 ・特許や企業間の提携情報 ・急騰銘柄のチャートや年間の成績や損切りの重要性をうたった広告 ・鮮度の良い情報 ・日経新聞の記事 ・ヤフーファイナンスの掲示板 ・アナリストレポート ・セクター分類 ・日経の観測記事 ・業績の変化を追う事 ・PERの低さで勝負すること ・PBRの低さで勝負すること ・東証一部に昇格を控えている企業 弊社に来るお客様の中でも、長期投資にもかかわらず、以上の項目について普段気に
  • 【書評】初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略(山本潤著)

    2020-05-15 13:53  
    その1~初心者がやってはいけない投資手法~ 今回は、同じ億の近道の執筆陣でもある山本潤さんの書籍をご紹介したいと思います。●初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略 山本潤・著 かんき出版  https://amzn.to/2VBY0Rl 山本さんのご紹介はいまさら億近読者には必要が無いとは思いますが、日系・外資系の証券会社や運用会社で長く日本株式の運用を担当されてきた所謂株式運用のプロフェッショナルです。 そのプロである山本さんが、こうした株式の長期保有に関する書籍を執筆されたこと自体が株式長期ロング(買い持ち)派の小屋としては嬉しくてたまりません。 そして、本書はポートフォリオ運用が株式運用のリスクを適切に管理できる手法であると機関投資家では当たり前のことをしっかりと言い切っているのが個人投資家向けの書籍としては珍しいかもしれません。 山本さんもおっしゃっているように、世には株式評論