• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 18件
  • 炎のファンドマネージャー有料メルマガ第294号配信中!!

    2020-05-25 20:07  
    月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算294号が5月25日に配信されました。 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。【コロナ後を見据えた出遅れ中小型個別銘柄情報を掲載!】【5/25 第294号では】■相場の視点 ~今は買いタイミングなのか売りタイミングなのか?~■出遅れ銘柄研究(2銘柄)■コロナ後の社会システムを睨む → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
  • レナウンの倒産後に続く可能性のある企業をチェックしてみた

    2020-05-22 00:30  
     武漢発新型コロナのパンデミックでアパレル業界の老舗であるレナウン(3606)が倒産の憂き目にあった。 中国企業の傘下で7年前から再建途上にあり、一時は黒字化した時もあったが2019年2月期、2019年12期と2期連続の大幅な赤字が続き、今期に入ってもコロナ感染拡大を防ぐための自粛要請で同社の事業はストップしてしまい資金繰りにも窮したことで民事再生手続きに入ったとのこと。 レナウンの倒産劇に続く企業は今後も出てくる可能性がある。 赤字体質で資金的な余裕のない消費関連企業がその候補となるが、それに加えて中国との関連の深い企業にも危機が迫っていると言える。 以下の企業にはそうした赤字の体質が見られ株価は長期下落中だが、実際にはどうだろうか。1.ラオックス(8202) 中国企業の傘下。新型肺炎で免税店が打撃。 リストラ継続中だが、先が見えない。 インバウンド需要の高まりで2015年には86億円の
  • 株価の変動は投資家心理の表れ

    2020-05-22 00:28  
     新型コロナウイルス問題で揺れた株式相場もこのところ徐々に戻りつつあるがそろそろ頭が重くなってきたとの感触から、いつまた大きく調整し始めるのかと多少不安感を持たれている投資家も多いだろう。 株価の変動は様々な要因でもたらされるが、その多くは市場に集まっている投資家の心の揺れに起因していると言える。 基本的には株式市場には目先的に必要な資金ではなく中長期的にリターンを求めての資金が集まっている筈だが、個人投資家の皆さんは自由な発想で結構、短期的な変動を求めてリスクテイクしているものと思われる。 今回のコロナショックもそうした短期的な資金と中長期的な不安感が重なって生じた出来事だったと言える。今、私たちの身の回りで起きている話はすべて株価にもつながっていると言えるが、株価は投資家心理を反映して変動を見せるため行き過ぎの局面が必ずやってくる。 それは上げ相場にも下げ相場にも言える。 投資家の心理
  • いつか来た道の創薬ベンチャー株の乱高下

    2020-05-13 15:26  
     2月28日に375円と言う安値をつけていた創薬ベンチャーの株価が5月8日の高値2455円まで6.5倍にまで跳ね上がった。 この銘柄は皆様ご存知の新型コロナウイルス肺炎に対応したワクチン開発を行うと発表したアンジェス(4563)。 2か月余りで6.5倍は2018年10月から2019年1月にかけ急騰を演じたサンバイオ(4592)の株価上昇率を上回っている。 この時は10月安値3115円から12730円まで4.1倍となったが、今回のアンジェスはこの上昇率を上回っている。しかもかなりの大商いを演じた点も類似している。 このアンジェス株が先週末は乱高下を開始した。サンバイオが12730円の高値から短期間に2401円まで急落したことは記憶に新しい。梯子を外された投資家の悲鳴がこの時は上がった。 今回はどうだろう。 国策となるコロナ対応ワクチン開発で逸早く名乗りを上げ矢継ぎ早に他社との提携などを発表し
  • 日銀のETF買いが株価を支える

    2020-05-13 15:24  
     日本株の強さはNYダウやNASDAQ指数が堅調なこともさることながら日銀によるETF買いが下支えをしていることが背景になっていると推察される。 2010年に年4500億円に過ぎなかった日銀ETF購入額は2013年1兆円、14年3兆円、16年6兆円と拡大。更に今回はコロナ対策で年間12兆円に膨らんでいる。日本の主要企業はいつの間にか日本国の連結子会社とも言うべき日銀の持分法会社の位置付けとなり、その勢いは更に勢いを増しつつある。しかも今のところ売ることはない安定投資家の買いで浮動株が吸い上げられたいびつな構造になっている。 日経平均をリードするというファーストリテイリング(9983)は既にオーナーである柳井氏及びその親族分の持ち株比率30%を日銀の保有が上回っていると推察され、これが業績とは無関係に株価の上昇基調を堅持させる要因となっていることは容易に理解できる。 つまり、ファーストリテイ
  • リターンを求めて

    2020-05-13 15:22  
     2020年の株式相場の前半戦はあと1か月足らずで終わる。 この間は例の問題から年初から3月半ばまでは想定外のクラッシュがあり、その後は戻り相場の展開が見られるが、大波乱の展開となってしまったことで投資家の皆さんは悲喜こもごもの状況だろうと思われる。 リターンを求めて投資家はリスクテイクをすることになるが、そのタイミングや銘柄選定次第でプラスになったりマイナスとなったりと変化が大きくなっていると推察される。 ここまでベストの運用をされた投資家は果たしてどれだけのリターンを上げたのだろうか。きっと運用哲学や運用スタンスなどの巧拙で大きく差が出た推察される。 ここではおよそ3つの投資家像で考えてみたい。1.直近2カ月で大幅なリターンを上げた投資家 ゼロ金利時代にこそチャンスと見て積極的に株式運用をされている投資家は多いのかも知れないが過去の株価指数で見れば2008年のリーマンショックで8000
  • 炎のファンドマネージャー有料メルマガ第292号配信中!!

    2020-05-12 11:17  
    月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算292号が5月11日に配信されました。 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。【ここでの投資作戦ほか中小型個別銘柄情報を掲載!】【5/11 第292号では】■炎の相場の視点 ~戻り相場の先に来るリスクを覚悟しながら~■ここでの投資作戦■人気株チェック(2銘柄)■中小型銘柄の投資ポイント(5銘柄) → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
  • 【お知らせ】炎チャンネル第101回「テレワークにはネット取引!」をアップしました

    2020-04-30 01:10  
     億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。第101回「テレワークにはネット取引!」がアップされました。第101回「テレワークにはネット取引!」 4月28日収録 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1588159203 【YouTube】https://youtu.be/EXPeQerFIrU【今回登場企業】アンジェス ファナック リンクバル ぜひご視聴下さい。 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5~6分にまとめておりますので、 ご登録頂ければ幸いです。 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。
  • 炎のファンドマネージャー有料メルマガ第290号配信中!!

    2020-04-28 03:15  
     月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算290号が4月27日に配信されました。 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。【中小型株とコロナ関連株情報を掲載!】【4/27 第290号では】■炎の相場の視点 ~人と接する必要のないビジネスで修復期待の株式相場~■中小型銘柄チェック(6銘柄)■コロナ関連銘柄のポイント(3銘柄) → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
  • 1億2595万人の非感染者

    2020-04-27 00:18  
     武漢発新型コロナウイルスによる肺炎の累計の感染者が日本ではようやく1万人を超えたとメディアは伝えているが、日本の総人口は4月1日現在で1億2596万人(総務省統計局)となっており、これを差し引くと1億2595万人の非感染者が戦々恐々とする中で生活しているということになる。 考え方や表現の仕方では新型コロナウイルス肺炎に感染していない人口が1億2595万人もいるという視点もあって良さそうだ。 これを年齢別に見ると65歳以上が28.4%、3588万人を占めており、その中でも糖尿病や高血圧などの感染リスクが高い人に対しての配慮は必要だし、15歳以下の子供たちが感染しても重症化しないように努めることは重要なことだと思うが残った15歳から65歳の現役世代7500万人には様々な工夫を凝らした経済活動をしてもらうべきではないだろうか。 PCR検査(これまでに9万人余りが検査済み)が十分にできていない中