• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 15件
  • 新サービス業が市場で活躍

    2017-06-14 00:59  

     4月、5月と月次売上が期待を裏切ったにも関わらずシロアリ防除のアサンテ(6073)の株価はこのところ堅調に推移しています。前期は人材の先行投資を思い切って図ったこととその効果が遅れたことで業績が下方修正されましたが、同社の場合は退職給付引当金の影響もあって期初から減益見通しを示していましたので、株価には相当に織り込まれていたと見られます。  投資家は中長期視点での投資に重点を置いた国内外の機関投資家や配当利回りの高さを目当てにした個人投資家だと推察されますので株価の変動は小さくなっています。  何よりもIR活動に熱心なことも株価の安定感を増しています。ただ、ローリング方式で毎年見直しをしている中期計画目標がやや慎重になった点は気になるところではあります。  同社に限らずこのところはアクアライン(6173)、三機サービス(6044)、シンプロメンテ(6086)などメンテナンスサービス系
  • マイナス金利政策で潤うのは、ズバリ!!この株

    2016-03-02 13:23  
    マイナス金利の発動で銀行株が売られ、黒田日銀総裁によるマイナスショックが市場を揺さぶりましたが、そろそろ落ち着きを取り戻しつつあります。  マイナス金利政策とともに一段とローン金利の引き下げが見られ、住宅ローンの借り換えが図られるようになってきました。その結果メリットを受ける消費者 が続々と表れてそのお金をどこかに振り向けることになるのですが、住宅ローンなので、住宅のリフォームに使おうという機運が出てきても不思議ではありませ ん。  借り換えの手続きで司法書士の先生は大忙しらしいですが、一種の特需なのかも知れません。  マイナス金利特需で潤う企業、それは住宅関連のリフォーム事業です。おりしも中古住宅市場の拡大に向けた住生活基本法に沿った住生活基本計画が見直され、施行されていますが、住宅診断制度などが今後普及し、住宅を長持ちさせるための施策が打ち出されようとしています。  日本の場合大半の家
  • 外国人が注目するアサンテ(6073)株の動向

    2015-12-01 18:43  
    8月10日高値1970円から1週間余りで1307円の安値まで急落した同社株はこのところ1500円台に乗せるなど比較的堅調な値動きに変わってきました。  11月17日に開催された決算説明会では意外にも不需要期となる下期に入っての月次(10月)売上が大きく回復したとの話もあり、そうした前年と比べた伸びの背景を聞くことができました。  為替に影響されない内需型サービス企業で今後の業績は着実に伸びる可能性があり、こうした株価の大幅な下落があった後の局面で、月次の伸びを確認しながらの投資には賛成です。  今期の業績は書き入れ時の4-6月がやや停滞しました(株価の下落の背景がこれです。)が、その後は徐々に戻り、後半の10月がいきなり14%の月次売上の伸びとなってきた点でなおも期待を残す展開となっています。  通常は新規の顧客を伸ばしながら既存客への更新防除を加えて売上を確保していくパターンですが、今期
  • IPO秋の陣

    2014-09-03 13:31  
    初めて株式を上場することをIPOと言います。9月のIPOは8銘柄が予定されています。  既に10月9日に東証1部に再上場するすかいらーく(3197)まで9銘柄が新たに取引される予定となっており、この後のリクルートまでまさにIPO秋の陣が繰り広げられようとしています。  IPO銘柄を中心に投資をされる投資家もお見えになるかと思いますが今年も既に残すところ4か月という中で、作戦を考えておく必要があります。  9月のIPO銘柄はすべてマザーズ銘柄となりましたが、かなり活発な値動きになるものと考えられます。  私の今週の有料メルマガでもこうしたIPO銘柄を取り上げておきましたが、忘れてならないのは過去1年程度の間にIPOした銘柄です。  IPO後の株価低迷が長期に続いている銘柄が散見されますが、主幹事証券が上場したら用なしと言うのか放置された中でよく吟味すれば魅力的な銘柄もあり、復活するタイミング
  • 配当性向を考える

    2014-08-12 14:58  
    得られた利益のうちどの程度を配当金として株主に還元すれば良いのかが経営者の関心の的となっています。配当が株価に与えるインパクトとしてはそれまで無配が続いてきたのに復配をする場合ですが、これに続いて大幅な増配を発表した場合も株価への反応があります。  また、一定の配当性向を配当政策の基本として打ち出した場合も業績の伸びが期待される場合において好感されることになります。  とりわけ、最近は配当性向を重視しようという傾向が上場企業の間で高まっているように感じられます。一般的には利益が伸びると株価が上昇することになり ますが、利益が伸びても株価の低迷が見られる場合、配当金が一定だと株主は満足しません。利益のうちどの程度を株主に還元するかが経営スタンスとして注目 されがちです。  理論上は利益成長が続くのであれば無配にして再投資の資金に充当するのが効率的だと考えられますが、利益が出ていて無配というの
  • 決算発表のパターン

    2014-05-13 17:12  
    決算発表たけなわの季節です。  株価はある程度は決算内容を織り込んで動いています。とは言え、個別銘柄にはサプライズが起きがちです。  決算発表の内容には企業経営側の事情が見え隠れします。投資家の期待とは裏腹の決算見通しが示されると株価の大きな変動要因となります。  ここでの決算発表内容の分析ポイントをまとめておきます。 【決算発表のパターン】  ポイントとなるP/L上の決算項目としては売上高、営業利益、経常利益、当期利益があるが、それらの実績と今期計画が株価にインパクトをもたらす。売上 が増加して利益が増加するのが通常のパターンだが、売上が減少して利益が増加する場合もある点に注目しておく必要があります。また、B/Sの変化も見落と せない。利益の増減に伴って配当金が増減したり、保有する現預金の増減が見られます。  企業価値は中長期的なキャシュフローの増加を織り込みながら高まりますので、こうし
  • 東証1部昇格銘柄

    2014-04-22 16:50  
    昨年12月に東証1部への上場を申請していたシロアリ駆除のアサンテ(6073)がようやく東証から1部上場の承認を得て24日から東証1部に上場することとなりました。まことにおめでとうございます。  なかなか上場の発表がなく心配する声もあったのですが、この発表を受けて同社の株価は1000円台に乗せてきました。もともと予想EPSが110円となっているのに、業種の地味さからか昨年3月に上場してからの株価は公募価格割れを演じるなど頭重い展開が続きました。  東証2部上場から東証1部の企業となることで信用力が増す。業界のイメージ悪が払拭できるという同社の思いが伝わってきます。上場して1年を経過し、東 証1部となり株価も上昇トレンドを維持しているとなればますます人気の度が増すと長期スタンスで投資してきた投資家にとっては理想の姿が待っているようで す。  先週の同社の株価は日経平均の上昇以上の上昇が見られた
  • 注目の東証1部昇格銘柄

    2014-03-19 16:15  
    昨年の今頃、東証2部に上場したアサンテ(6073)株の上昇トレンドが継続しています。先週は935円スタートで高値999円まであって終値は962円となりました。  週間の出来高は96万9600株。発行済み株式数の8%が取引されたことになります。  本メルマガでも上場後取り上げたことのあるアサンテは私の故郷出身の経営者、宗政誠氏が創業したシロアリ駆除サービスの最大手企業です。  過去1年間の株価変動レンジは公募価格930円に対して上場初値が1034円、高値1195円、安値766円。概ね800円から1000円が基本的な変動レンジ。  昨年12月に創業者及び一部役員の持ち株の放出で800円割れまでありましたが、その後は上昇トレンド入り。ここに来て騰勢を速め、1000円台乗せ目前にまで上昇。上場後の変動レンジの高値水準に接近してきました。  今期の予想EPSは110.5円で現状のPERは8.7倍。低
  • 3月の配当取り銘柄

    2014-03-13 14:34  
    株式投資の魅力はキャピタルゲイン(つまり値上がり益)か配当を得ること。そのどちらかを得ることもありますし両方を獲得することもあります。またはキャピタルロスが発生する場合や配当を得られない場合もあります。  投資した企業の業績が向上して株価が上がり、配当も確保できれ投資家はキャピタルゲインと配当の両方を得ることになります。  3月は多くの上場企業にとっては決算月でもあり、投資家にとっては配当金を得るタイミングが参ります。  株式投資の初心者にとっては配当金を得ることを楽しみにしておられる方もお見えになるのかも知れません。  3月決算企業の場合、20日決算を除くと31日が決算日となりますので、3月末現在の株主に対して配当金が送られる仕組みとなっています。その4日前に 配当落ちということがあり、実際には配当金分の株価が下がってしまうことになりますが、その配当落ち分をすぐに埋めてしまう場合と、配当
  • 年末に向けたIPO相場開始

    2013-11-20 17:23  
    今年のIPO社数は昨年と同様12月の上場ラッシュで本日現在49社となる見込みです。あと2、3社出てくるかも知れませんが、結果としては昨年の46社を上回ります。そのうち27社は東証マザーズとなっており、ジャスダックの数を上回る見込みです。  とりわけ12月はIPOのラッシュ。今年も12社がノミネートしています。  中には私がかつて交流していた会社もあります。  桧家HDの子会社日本アクア、足利銀行の持ち株会社なども登場してきます。1社づつコメントしたいとは思いますが、時間の都合もあり今回はそのうちの注目銘柄だけをピックアップしてみます。  今年のIPOは2月13日のメドレックス(4586)から10月22日のシステム情報(3677)までで32社が行っています。それぞれの株価は上場後大きく変動し、高値つかみで困っておられる投資家や大きくパフォーマンスを上げた投資家もお見えになるかと思います。