• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 777件
  • コロナショックで波乱の展開見せるIPO市場

    2020-03-23 13:34  
     中国・武漢発の新型コロナウイルスによる感染症はその後も猛威を振るい、既に世界中に感染者を広げパンデミックの様相を呈している。中国全土の感染者数は増加のピークを打ったようだが、韓国、イラン、イタリアと中国との関係が深い国に感染者が急拡大。 日本での感染者数もクルーズ船を除くと北海道、東京、愛知、大阪などを中心に800名近くに達するなど拡大してきたが、今のところがまだ死亡者数が高齢者を中心に30名以下に留まっている。 これまで対岸の岸の話のような見方をしていた欧米にも感染が一気に広がってきた。世界において15万人を超える感染者、5700人を超える死亡者数に至り、この先の拡大も予想される状況で多くの一般市民が混乱の中にあると言える。 これ以上の伝播を防止するための懸命の施策が世界中で打ち出されており、不要不急の外出やイベントの開催が制限され国内外での人の往来は一定期間止まってしまうこととなった
  • 【お知らせ】炎チャンネル第98回「島津製作所 富士フイルム 帝人 アンジェス」をアップしました

    2020-03-12 14:25  
     億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。第98回「島津製作所 富士フイルム 帝人 アンジェス」がアップされました。第98回「島津製作所 富士フイルム 帝人 アンジェス」3月11日収録 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/so36499643 【YouTube】https://youtu.be/1KEgR9O6KLQ【今回登場企業】島津製作所 富士フイルム 帝人 アンジェス ぜひご視聴下さい。 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5~6分にまとめておりますので、 ご登録頂ければ幸いです。 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。
  • すべては悪夢のような一過性の出来事

    2020-03-12 01:07  
     株式相場は何が起きるか分からないということが今回の出来事で理解できる。 治療する術のない新型ウイルスの感染になす術もなく世界中が右往左往している。この出来事を教訓にしてまた新たな体制づくりをするしかない。 株価はネガティブな投資家心理の下で大きく調整を余儀なくされ、この先も不透明な状況となっているが、暗いトンネルを抜けていずれは明るい視界が広がってくれると信じたい。 日本の対応力は世界のお手本ともなる筈。 これまでの対応は検査件数を敢えて抑制し医療現場の混乱を防いだ点で他国の対応とは異なる。他国に比べ緩やかな増加に留めてきた方策にはそれなりの良さがある。 また、スポーツのオリンピック選手同様に新型コロナウイルス退治に向けた医療従事者や研究者の活躍の時だ。 ワクチンの開発ではアンジェス(4563)が開発に名乗りを上げたほか、富士フィルム(4901)のアビガンや帝人(3401)のシクレソニド
  • 炎のファンドマネージャー有料メルマガ第283号配信中!!

    2020-03-10 02:05  
     月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算283号が3月9日に配信されました。 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。【下落相場でも視点を変え投資戦略を掲載!】【3/9 第283号では】■炎の相場の視点~コロナショックで異常値続出の個別株株価~■ここでの投資戦略■個別銘柄の投資作戦(4銘柄) → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
  • 【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第282号配信中!!

    2020-03-06 15:47  
     月曜日の億の近道で、20年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算282号が3月2日に配信されました。 企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。【売られ過ぎ中小型銘柄情報や投資テーマを掲載!】【3/2 第282号では】■炎の相場の視点~安値競争続く株式相場~■売られ過ぎの印象がある中小型銘柄動向(5銘柄)■新たなテーマに浮上しつつあるテレワーク、在宅学習、在宅医療 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
  • 【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第201号配信中!!

    2018-06-18 17:12  
    月曜日の億の近道で、19年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算201号が6月18日に配信されました。  企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。【出遅れ株、低位株、調整中の株を研究!】 【6/18 第201号では】 ■相場展望 ■再生可能エネルギー事業で自ら蘇るリミックスポイント(3825) ■低位2銘柄決算説明会報告 ■出遅れ社名変更銘柄研究 ■調整中の2銘柄の株価動向ポイント  → ご案内ページ http://www.honohfm.com/ 【6/11第200号を読む】 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓http://okuchika.net/?eid=7786 【6/18第201号を読む】 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓http://okuchika.
  • 【有料メルマガ炎の投資情報通算200号記念】特別プレゼント!!

    2018-06-16 04:55  
     2014年8月に創刊した有料メルマガ炎の投資情報ですが、  ついに通算200号を達成しました。  多くの購読者に支えられ、記念すべき配信を迎える事が出来ました。  本当にありがとうございます。  そこで、特別プレゼントを行います。抽選で以下の豪華賞品が当たります。  奮ってご応募ください。 ■賞品 1.メルマガ賞   1等:有料メルマガ炎の投資情報 1ヶ月無料購読権 5名様   2等:有料メルマガ炎の投資情報 1回分無料購読 20名様 2.特別賞   上場企業経営者と無料ランチミーティング権 5名様 ※企業は炎のファンドマネージャーが選定します。  ランチ参加者は、上場企業経営者、炎のファンドマネージャー、当選者5名となります。  東京都内での開催を予定。食事代無料。会場までの交通費はご負担ください。  開催は7月下旬以降の平日昼間です(11~13時の間を想定)。  詳細の日程は当選後
  • 【お知らせ】チャンネル炎第21回目「社長の話をどんどん聞きに行こう!」をアップしました

    2018-06-16 04:54  
     億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。  第21回目「社長の話をどんどん聞きに行こう!」がアップされました。  [第21回目]「社長の話をどんどん聞きに行こう!」  【YouTube】https://youtu.be/Mbjpe-RC5y8  【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/1529068878  ぜひご視聴下さい。  相場のサマリーなどを5~6分にまとめておりますので、ご登録頂ければ幸いです。  目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。
  • 【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第200号配信中!!

    2018-06-14 02:27  
    月曜日の億の近道で、19年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算200号が6月11日に配信されました。  企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。【主要銘柄動向に、バリュー銘柄もピックアップ!】 【6/11 第200号では】 ■相場展望 ■炎セミナー予告編 ■注目バリュー銘柄(3銘柄)  → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
  • モノ言う株主がここにもいた!!

    2018-06-14 02:23  

     前号で取り上げた三信建設(1924)に続いて、本日は神田通信機(1992)も大株主の増配要求に対してまた会社側が反対表明を明らかにしています。  あちこちでモノ言う株主が登場してきますが、株主からの要求が徐々にエスカレートしてきそうな中で、経営陣も心してかかる必要が出てきたことを理解しないとなりません。  三信建設も神田通信機もどちらかと言うと地味目の旧態依然とした建設会社という印象ですが、そうした地味で非効率な企業の株主が声を上げはじめたのかと感じる昨今です。  三信建設の場合は44円程度のEPSに対して130円配当を要求するものでしたが、通常では考えにくい配当要求はゴーイングコンサーンとしての企業経営に揺さぶりをかけるものと言えますが、今回の神田通信機は配当性向100%を要求(1株193円配当)していますのでまったく理不尽とは言い難い点もあり、こうした大株主の要求が増えてくる時代