• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 350件
  • ■本日13:30から!! オンラインレクチャー YEN蔵の「投資の真髄 ノウハウ伝授」

    2021-07-22 09:40  

    ◆オンラインレクチャー YEN蔵の「投資の真髄 ノウハウ伝授」◆【初心者大歓迎!】 どうしてその銘柄が良いのか理解せず、投資していませんか? 銘柄を見出す能力「銘柄力」を知って、身につけたら最強だと思いませんか? あのYEN蔵氏がコーディネーターを務める「投資の真髄 ノウハウ伝授」。 このオンラインセミナーは、投資プロのゲストを招いて、投資対象の銘柄選択法を掘り下げ、聞き出し、共有しようというものです。 きっと投資成果を爆上げするヒントがたくさんあるはず。 ぜひ参加して一生モノの「銘柄力」を身につけましょう!【質問大歓迎!】 質問をどしどしお寄せください。銘柄相談もOK! 質問は事前にツイキャスメッセージでも、ライブ中にチャットでもOK! 可能な限りお答えいたします。投資の悩み相談も大歓迎! ※すべての質問にお答えできないことをご了承ください。 もしご好評を頂けたらシリーズ化する予定です
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 パイプドHD【3919】

    2021-07-22 09:38  

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。 創業(1964年)半世紀を超える投資日報社が、毎週月曜・木曜に発行を行っております、”投資日報α”(月曜版)に”投資家Sの今週の注目銘柄”を連載しております。 7月中旬に入ってから、日本株のみならず、米国株の上値も重たくなってきました。 昨年3月のコロナショックで付けた安値から、株価はほぼ一本調子で上昇を続けて来ましたが、経済再開によって猛烈に伸びている需要に供給が追い付いておらず、物価の上昇と供給不足による経済活動の停滞を懸念して、景気回復のピークが早まる可能性が出てきており、足元の株価は景気の減速を織り込み始めております。 人間の活動には周期性(サイクル)がある事は世に知られており、経済学でも4つのサイクルによって景気循環が起こる事は知られております。 最も短いサイクルはキチンサイクルと呼ばれており、約40カ月(3年半)程度の期間となり、在庫変
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 三菱UFJフィナンシャルグループ【8306】

    2021-07-16 03:04  

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。 創業(1964年)半世紀を超える投資日報社が、毎週月曜・木曜に発行を行っております、”投資日報α”(月曜版)に”投資家Sの今週の注目銘柄”を連載しております。 先週末近所にあるホームセンター、島忠に行って来ました。 島忠は昨年秋に発生した、DCMホールディングス【3050】とニトリホールディングス【9843】による買収合戦を経て、ニトリHDの完全子会社となり、今年上場廃止となりました。 筆者は、今年3月に行われたニトリホールディングスの決算説明会に参加したのですが、ニトリの経営陣は「島忠との融合を進める」と話しておりましたが、この言葉に嘘は無く、島忠のニトリ化が進んでおります。 関東・関西在住の方以外には馴染みが無い話となり恐縮ですが、島忠の売り場はナショナルブランドの商品が多く、良く言えば昔のホームセンター、悪く言えば洗練されていない売り場構成と
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 JBCCホールディングス【9889】

    2021-07-08 16:44  

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。 世界中でインフレが止まりません。 直近では、北米を中心とした戸建て建築需要の増加によって木材価格が高騰、足元は幾分落ち着きを見せておりますが、値上げ後の木材が日本入って来るのは、夏以降との事です。 日本は30年続くデフレで物の価格が下がる事に慣れ過ぎており、消費者のインフレに対する耐性がほとんど出来ておりませんが、北米を中心とした先進国では、物価の上昇スピードが猛烈な勢いで進行しております。 ガソリン・住宅価格・航空運賃・レンタカー・時給が軒並み上がっており、あらゆる物の価格に上昇圧力が掛かっております。 リーマンショック後の世界経済は、金融危機による景気後退・デフレ突入を回避する為、中央銀行が市場に大量の資金を供給して、景気の悪化を食い止めてきました。 大量の資金供給がデフレの進行を食い止めたのは事実ですが、副作用として格差の拡大と資産性の高い商
  • ■新企画!! オンラインレクチャー YEN蔵の「投資の真髄 ノウハウ伝授」

    2021-07-07 20:38  

    ◆オンラインレクチャー YEN蔵の「投資の真髄 ノウハウ伝授」◆【初心者大歓迎!】 どうしてその銘柄が良いのか理解せず、投資していませんか? 銘柄を見出す能力「銘柄力」を知って、身につけたら最強だと思いませんか? あのYEN蔵氏がコーディネーターを務める「投資の真髄 ノウハウ伝授」。 このオンラインセミナーは、投資プロのゲストを招いて、投資対象の銘柄選択法を掘り下げ、聞き出し、共有しようというものです。 きっと投資成果を爆上げするヒントがたくさんあるはず。 ぜひ参加して一生モノの「銘柄力」を身につけましょう!【質問大歓迎!】 質問をどしどしお寄せください。銘柄相談もOK! 質問は事前にツイキャスメッセージでも、ライブ中にチャットでもOK! 可能な限りお答えいたします。投資の悩み相談も大歓迎! ※すべての質問にお答えできないことをご了承ください。 もしご好評を頂けたらシリーズ化する予定です
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 ナフコ【2790】

    2021-07-02 02:42  

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。 創業(1964年)半世紀を超える投資日報社が、毎週月曜・木曜に発行を行っております、”投資日報α”(月曜版)に”投資家Sの今週の注目銘柄”を連載しております。 3月末決算企業の株主総会が連日開催されております。 億の近道火曜日版が発行となる6月29日が一番の集中日となっており、約27%の企業が総会を開催致します。 私は”自分の目で見て出来るだけ確かめる事”をモットーとしている為、都合が付けば可能な限り保有銘柄の株主総会に足を運ぶ事としておりますが、今年はコロナ禍の影響で総会出席者の数も少なく、寂しさを覚える部分もあります。 株主総会は、個人投資家にとって直接経営者に質問を行う事が出来る貴重な機会であり、公の場で経営者が自社の経営に対してどのように考えているのかを確認出来る場所です。 株主総会に出席する場合のポイントは、下記の三点だと考えております。
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 レーザーテック【6920】

    2021-06-25 10:53  

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。 本連載は、創業(1964年)半世紀を超える投資日報社が、毎週月曜・木曜に発行を行っております、”投資日報α”(月曜版)に掲載しております。 株式市場に試練の時期が訪れております。 先週金曜日までのNYダウは10日連続の陰線となり、昨年3月のコロナショック後では最長の下落期間となっております。 NYダウは5月10日に35,000ドルを付けてから上値の重たい展開となっており、6月1日に戻り高値となる34,849ドルを付けて下落。先週金曜日の6月18日には5月19日の安値33,473ドルを割り込みました。 いわゆる高値切り下げ、安値切り下げの形となっており、テクニカルでは弱い形状です。 先週の本欄で、アフターコロナは”株式市場の下落”とお伝えしましたが、正にそのような動きが到来しており、コロナ禍での活動制限で苦境に喘いでいる世間の厳しさとは異なり、我が世
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 岩崎電気【6924】

    2021-06-17 13:38  

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。 本連載は、創業(1964年)半世紀を超える投資日報社が、毎週月曜・木曜に発行を行っております、”投資日報α”(月曜版)に掲載しております。 関東では週明けから雨模様となっており、ついに梅雨入りとなりそうです。 私は北海道出身の為、6月=“湿気の無い晴天”のイメージがあり、1年の中で最も良い季節である事が頭と体に刷り込まれております。 雨が少ないこの時期の札幌は、お祭りが二つ開かれております。 一つはよさこいソーラン祭り。 二つ目は北海道神宮例祭(札幌まつり)。 今年は新型コロナウィルス感染拡大により、残念ながら延期・中止となっておりますが、ワクチン接種が完了している来年には、2年振りに開催される可能性が高いです。 日本でも6月中にはワクチン接種者が2,000万人を超える見通しとなっており、来月からはいよいよ“アフターコロナ”が本格化しそうです。 実
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 パイプドHD【3919】

    2021-06-11 17:09  

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。 2021年1月から億の近道火曜版に「投資家Sの今週の注目銘柄」を掲載頂いております。 原油価格の上昇が止まりません。 先週末に発表された米雇用統計を受けてドル安の流れが強まっており、原油価格も$70に迫る動きを見せております。現在の価格は2018年秋以来二年半ぶりの水準となっており、原油価格上昇=インフレの足音が迫ってきております。 商品相場の大幅な上昇は景気の最終局面で起こると言われており、2008年に発生したリーマンショックの前は、原油価格は$140を超える水準まで上昇しておりました。その後の値動きは言わずもがなであり、株式市場は6月に戻り高値を付けて秋に向けて大幅下落となり、リスク商品の先行指標として機能しておりました。 現在の金融市場では、仮想通貨が商品相場に替わって先行指標になると言われており、5月中旬に起こった下落は記憶に新しい事です。
  • 投資家Sの今週の注目銘柄 ベルーナ【9997】

    2021-05-28 16:19  

     皆様こんにちは、投資家Sと申します。 2021年1月から億の近道火曜版に「投資家Sの今週の注目銘柄」を掲載頂いております。 本連載は、創業(1964年)半世紀を超える投資日報社が、毎週月曜・木曜に発行を行っております、”投資日報 α”(月曜版)に掲載しております。 4月までは隔週火曜日の掲載となっておりましたが、今月から毎週掲載を行う事となりました。 私事ではありますが、現在体調を崩しておりほぼ家に引きこもりの状態です。 不健康になると健康の素晴らしさを実感する事となりますが、健康な時にはその有難みが分からないものです。 株式投資も同じであり、相場全体が活況を呈しており、持ち株を含む多くの銘柄が上がっている時は、保有銘柄の懸念点や悪材料に目が向く事はありません。一方で、一度下落に転じると、これでもかと言わんばかりの下げが訪れる事となり、好決算=織り込み済み、人気化=信用の売り圧力に晒さ