• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 304件
  • ■お知らせ 2本立てイベント同日開催!!石川臨太郎追悼企画&山本潤監修グロース銘柄研究発表会

    2019-08-15 00:08  
    9月8日に2つのイベントを開催します!「石川臨太郎追悼企画 新刊資産を作る投資と遺す投資出版記念座談会」「山本潤監修 グロース銘柄発掘隊の銘柄研究発表会」1.石川臨太郎新刊「資産を作る投資と遺す投資」出版記念座談会 7月に上梓された故石川臨太郎氏の新刊「資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資」出版を記念して、座談会を行います。 石川臨太郎氏とゆかりの深い2名に加え、石川臨太郎研究のエキスパートのシークレットゲストも参加予定です。 新刊のエッセンスと登壇者による多面的に評価した事柄などを解説します。 投資初心者からベテランまで全ての投資家へ示唆に富んだ内容です。 登壇者:山本潤(ダイヤモンドファイナンシャルリサーチ運用者)     松田憲明(イノベーターズ・フォーラム理事長)     シークレットゲスト(お楽しみに!)2.山本潤監修 グロース銘柄発掘隊の銘柄研究発表会 4月から配
  • 有料メルマガライブラリから(300)「長期投資でランクアップする優待銘柄の動きをチェックする」

    2019-08-02 09:43  
     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。=コラム「長期投資でランクアップする優待銘柄の動きをチェックする」= (有料メルマガ第440回・2017/7/11配信号)※2017年7月現在の内容です。留意してお読み下さい。(前略) 私たちはどの株に投資するかで、迷います。「この企業に投資するのは正しい選択か。この企業に投資して利益を上げることができるのか。」大いに迷って悩んで投資を実行してからも「この投資は間違っていないか。」ということで葛藤を続けます。 当然に間違いの多い自分の行う選択ですから、完全に正しいことなどありません。正しい選択をして投資
  • バブルは私たちにとって必要不可欠な経済現象?

    2019-07-31 16:08  
     株式相場にバブルはつきもの。バブルが時々発生するから市場は活性化する。こう断言する投資家は多いのではないでしょうか。 ご存知の通り、日本のバブル相場は1989年にピークを打ち、バブルを悪として取られた様々な経済政策を背景にその結果としてその後の30年にわたりデフレ社会を歩んできたのが日本経済であり株式市場でもあります。 チューリップの球根に対してバブルが発生したという話は社会科の教科書にも出て参りますので有名ですがバブルは価値のないものに過剰な評価を行うことで生じる経済現象だと簡単に言い放つことができます。そのコアアイテムは不動産と株になり、その時々で金や絵画、コモディティに向かいます。 最近では仮想通貨にバブルを生じた訳ですが、今後も良しにつけ悪しきにつけバブルの発生は何らかの形で起きるものと考えられます。 2000年前後にはITバブルが発生。多くのIT関連銘柄が異常な株高を演じたこと
  • 下値模索銘柄とその背景、下値目途

    2019-07-23 17:49  
     相場には二極化がつきもの。 良いと思われる銘柄は右肩上がりで上昇を続け、駄目株の烙印が押された銘柄は下値を追う展開が見られる。 本コラムでは下値模索を続ける銘柄について、直近底割れを見せた銘柄についてその背景を考えてみたい。1.大成建設(1801):新安値更新中 大手ゼネコンはいずれも2017年11月の高値から1年8カ月余りの調整を続けており、同社株もそうした流れに位置している。これは東京オリンピック以降の受注減を不安視した投資家の売りが続いているためだと推察される。 つまり、2013年9月に決定した東京オリンピック開催でゼネコン株は息の長い上昇相場を演じた。当然のごとく収益も向上し、バブル崩壊後あれほど青息吐息だった建設各社や公共投資関連企業の業績はかつてないほどの向上を示した。 大手ゼネコンは2017年11月まで上昇。それに準じた銘柄もその前後にピークをつけた。建設株は東北大震災後に
  • 大魔神のアンテナ 厳しい相場でも活躍する銘柄もある

    2019-07-23 02:35  
     木曜日、日経平均は大幅な下落を演じました。 これといった悪材料もなかったが、朝から段階的な下落を繰り返して(6回に渡る先物解消売りが出ていた)一時21000円を割り込みました。プロと言われる大手証券のファンドマネジャーですらお手上げの状況でした。 あるところは、「ドイツ銀が組み入れていた銘柄の売りが出た」とか…?「外資系証券によるファンド解約に伴う売り」とか…?「ヘッジファンドによる売り仕掛けが出ていた」とか…?市場内ではいろいろな噂が出回っていました。 円ドル相場の円高に伴う解消売り(円を買い・株式を売る)が断続的に出ていたことは事実でしたが、なぜ、このような仕掛けが入ったのかは未だにはっきりしていません。 しかし、7月初めに21700円台まで回復したものの、NY市場が最高値を更新するなか、東京市場は上値が重く、それ以上の上昇が出来ませんでした。当時円高でもあったことが重石になっていた
  • 山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」【6/11第12号レポート配信! 業界先駆者の新事業導入過渡期がチャンス!】

    2019-06-12 01:08  
     個人投資家向け高品質企業レポートを好評配信中! 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。【6/11第12号レポート配信! 業界先駆者の新事業導入過渡期がチャンス!!】 今週掲載の銘柄は、新たな市場を開拓した立役者で、事実上の標準となっているサービスを展開。さらに大きな市場を狙っての過渡期にある企業をピックアップ。 業界先駆者のエネルギーは変わらず強く、足下停滞気味なうちに取り組めば、将来大きく報われる可能性の高い銘柄です。堅い業績予測でも理論株価2倍を示唆した深掘りレポートをぜひお読み下さい。
     グロースとは成長株のこと。 山本潤氏率いる「株の学校」で、山本氏をはじめとする講師陣の薫陶を受けた精鋭アナリスト達が、成長株にフォーカス。銘柄を発掘し、その内容を詳細にレポートします。 毎週火曜日配信、1回に1銘柄の深掘りレポートです。 毎回山本潤氏の監修コメントも入り、中長期のファンダメンタル
  • 大魔神のアンテナ 政治色が色濃い株式市場になっているが、基本的には景気後退

    2019-06-12 01:05  
     トランプ大統領による、5月5日、中国への貿易関税の追加関税引き上げ。そして、5月末にはメキシコへの5%の関税引き上げを発表しました。大統領のTwitterコメントで株式市場は揺れに揺れています。 その結果、現実的になりつつある「世界同時不況」への道を歩み始め出した感があります。米国で発表された5月のISM製造業景況感指数・5月のADP雇用統計などが市場予想を下回る結果になりました。 その状況から米国10年物国債金利は急低下(価格上昇)、市場内でのリスクオフの動きが加速し、リスクが少ない米国国債に資金が膨らみました。そのために円ドル相場も109円台からいっぺんに107円台まで円高が進行しました。 米国株式も5月29日から1000ドル超の下落。 東京市場でも5月28日から1000円超の下落を演じました。 ただ、米国市場の戻りは強く、ほぼ下げた分を解消しました。しかし、東京市場はまだ半値程度の
  • いよいよ後1週間

    2019-05-27 23:33  
     億の近道主催のセミナー&懇親会まで1週間となりました。 セミナーでは今後期待されるテーマや関連株、また米中貿易問題、日銀ETFなどを中心にお話させて頂く予定です。 先日発表になった2019年度予算から今後注目を集めそうなテーマや関連株をお伝え出来ればと考えています。 GW最終日に突然トランプ大統領のツィートから再度勃発した米中貿易問題で揺れる株式市場での対処法などもお話出来ればと思っています。「例」2019年予算:国土強靭化の為の3か年緊急対策として2020年まで事業規模7兆円程度(関連企業) 東亜建設(1885):5/15発表の決算。今期営業利益51.3%増63億円 経常利益47.7%増61億円予想【次期見通し】 国内建設市場におきましては、「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」(平成30年12月14日閣議決定)に基づき、2018年度から2020年度の3か年を対象に総事業費7
  • 山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」【5/14第8号レポート配信! 現有資産を再生・活用!インバウンド関連銘柄をピックアップ!】

    2019-05-16 00:27  
     個人投資家向け高品質企業レポートを好評配信中! 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。【5/14第8号レポート配信! 現有資産を再生・活用!インバウンド関連銘柄をピックアップ!!】 今週掲載の銘柄は、既存資産の再生と活用を行い、インバウンド需要を成長ドライバとする企業をピックアップ! 理論株価算出も、2つのシナリオで行っています。 深掘りレポートをぜひお読み下さい。
     グロースとは成長株のこと。 山本潤氏率いる「株の学校」で、山本氏をはじめとする講師陣の薫陶を受けた精鋭アナリスト達が、成長株にフォーカス。銘柄を発掘し、その内容を詳細にレポートします。 毎週火曜日配信、1回に1銘柄の深掘りレポートです。 毎回山本潤氏の監修コメントも入り、中長期のファンダメンタルズ投資家には最適な内容です。1)仕事が忙しいので投資したら放っておける銘柄を知りたい2)投資銘柄を調べたいが方法が分からない3)
  • 岡本硝子(7746)

    2019-05-16 00:12  
    【編集部より】 本日、Twitterを中心に個人投資家に人気がある、証券ディーラーのたけぞう氏が億の近道に初登場です。 長年のトレーディングで培った目線を披露してくれています。 今月開催のセミナーも大いに期待です。 お楽しみ下さい。----- たけぞうです。 この度、初めて「億の近道」セミナーに登壇させて頂く事になりました。 私は約31年間証券会社に勤務し、その内24年間を証券ディーラー職を任されました。その31年間の証券会社時代に培ったものを少しでも今後の投資に役立てて頂ければ幸いだと思っています。 24年間証券ディーラーを携わっただけに、「理想論」だけ語る事は私は出来ません。 株式投資において「リスク」はつきものだと考えるのが正しいと思います。勿論私も含め皆様にとっても「低リスク」であって欲しい事には変わりありません。5月25日のセミナーでは、今後日本市場において「リスク」だと思う日銀