• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 91件
  • 株の玉手箱 『着眼大局着手小局』No.23

    2021-09-22 17:33  

    ~相場の観測~【日経平均株価(週足)】=先高示唆= ※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。https://1376partners.com/content_page/14085 前回の「安値維持と反動高値幅が焦点」(記:21/8/13)では、以下のように述べた。「7月30日には2月高値以降の安値27,283円に進み下降トレンドの継続となっている。ただ、下げ幅が3,184円≒3,152円(H~I)と過去の値幅の影響を受ける格好となっていることから、踏みとどまるか、一時的止まり値かが焦点となっている。また、反動高値幅が1,993円を上回ると反転につながる可能性がある。」
    とした。 実際には、8月20日には27,013円と安値に進んだあと切り返し、上値抵抗をクリアして急伸した。3週続伸で30,381円と上げ幅も拡大し2月高値30,467円に迫った。 よって、高値更新で先高が示唆
  • 株の玉手箱 少量多品種のニッチ戦略が成功 トリケミカル研究所(4369)

    2021-09-07 13:12  

     本日はニッチ戦略が成功した企業を紹介します。■トリケミカル研究所(4369) [東証一部]●事業紹介 半導体向け化学薬品を製造。絶縁膜材料で世界高シェアを持ち台湾向けが大きく占める。 半導体技術の発展や通信や情報処理分野への半導体レーザーを用いた光技術の応用が活発化するにつれ、その製造過程で用いられる半導体用特殊ガスの種類と量が徐々に増えています。●半導体ガスについて 半導体ガスは金属と電気的に反応して重要な役割を演じるものです。 半導体材料ガスは、ほとんどのガスが自然界には存在していないこともあって、専門の特殊ガスメーカーにより製造されています。 例えば、半導体材料ガスで大量に使用されているシラン(SiH4)は、還元(SiCl4+LiAlH4→SiH4)や不均化反応(1種類の物質が2分子あるいはそれ以上で相互に酸化、還元その他の反応を行った結果、2種類以上の物質を生じること)によって
  • 株の玉手箱 『着眼大局着手小局』No.22

    2021-08-23 12:09  

    ~相場の観測~【週足】=上値抵抗線超えが焦点=※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。https://1376partners.com/content_page/13909 前回の「下上値抵抗線超えが焦点」(記:21/7/9)では、以下のように述べた。「上値をうかがう動きは、高値29,441円(6/15)を経て反落した。上値抵抗線を超えられず下降トレンド内の動きとなったことから、下降トレンドから脱するかが焦点となる。また、高値29,441円を上回ると反転を示唆する経過となる。」
    とした。 実際には、7月13日の28,718円を戻り高値に反落し、7月30日には2月高値以降の安値(R)27,283円となり、下降トレンドの継続となっている。ただ、下げ幅が3,184円(Q~R)≒3,152円(H~I)と過去の値幅の影響を受ける格好となっている。 よって、現在は安値(R)27,283
  • 株の玉手箱 生産性向上を鑑みての見直し買いに期待

    2021-08-11 11:51  

     本日はコロナ禍により売られた、見直し買いが期待できる既存成長銘柄をご紹介したい。◆フレアス(7062) [マザーズ]【事業紹介】 あん摩マッサージ指圧師によるマッサージサービスや訪問看護サービスを提供する。マッサージ事業は全国に約90の事業所を構えるまでに成長した。 ベテラン施術師による研修制度と厳しい品質管理体制のもと、全国350名を超える直接雇用のあん摩マッサージ指圧師(国家資格)が働いている。 高齢者など自力で病院に通うのが難しい方の住まいに国家資格を持つマッサージ師を派遣し、関節拘縮の軽減などの高度な医療マッサージを行っている。 星野リゾートが運営する宿泊施設への派遣も手掛けるほか、看護師による訪問介護事業も展開。 鍼灸マッサージ師として在宅マッサージの事業を山梨県でスタートした。 その後、2002年4月に訪問マッサージ事業を事業目的とし、山梨県甲府市に「有限会社ふれあい在宅マ
  • 株の玉手箱 『着眼大局着手小局』No.21

    2021-07-19 19:45  

    ~相場の観測~【週足】=上値抵抗線超えが焦点=※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。https://1376partners.com/content_page/13685 前回の「下降トレンドの脱出が焦点」(記:21/6/11)では、以下のように述べた。「2週の戻りのあと騰勢が一服した。また、高値(Q)30,467円以降の戻り高値が切り下がる(30,467>30,216>30,089:レジスタンスライン)下降トレンド内の動きにとどまっていることから下降トレンドから脱することが焦点となる。」
    とした。 実際には、上値をうかがう動きがみられたが、高値(S)29,441円を経て反落し、上値抵抗線を超えられず下降トレンド内の動きとなった。 よって、ひきつづき下降トレンドから脱することが焦点となるほか、高値29,441円を上回ると反転を示唆する経過となる。※上値抵抗水準(週末値)は
  • 株の玉手箱 巣ごもり消費需要で追い風

    2021-07-06 12:55  

     本日は巣ごもり消費需要で追い風が続く、私が注目している銘柄についてご紹介します。◆MCJ(6670) [東証二部]【事業紹介】 BTOパソコンの製造・販売等を行う総合IT企業。マウスコンピューター等を傘下に収める。複合カフェ運営も。乃木坂46のテレビCMで認知度が向上した。 BTOとは、受注生産のことで、顧客の要望に合わせたパソコンを生産することである。iiYAMAブランドでも有名。 最近までは、パソコンの製造は大手家電メーカーが赤字部門として次々と撤退し、スマホの普及で、業界全体として右肩下がりなイメージがあるが、実際は、コロナ禍の元で国内市場としては、法人のリモートワーク需要や個人の巣ごもり消費需要もあり伸びている。 個人向けは勿論のこと、IT系の企業が増加し社内のIT化が進んでいるので、法人向けも成長している。 同社は、強みを活かしたハイスペックPC分野での躍進があり、グループシ
  • 株の玉手箱 『着眼大局着手小局』No.20

    2021-06-22 01:14  
    ~相場の観測~【週足】=下降トレンドの脱出が焦点=※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。https://1376partners.com/content_page/13479 前回の「下値を探る経過も反動高値幅が焦点に」(記:21/5/14)では、以下のように述べた。「4週連続の下げ(1,042円:週末ベース)から1週の反発(545円)を挟んで急落し、27,448円と前安値28,405円を下回った(下方に進んだ)ことから、高値(Q)30,467円に対する下値を探る経過となっている。また、高値からの下げ幅としては、1)3,152円、2)3,822円、3)3,938円などが挙げられる。反面、下げ幅が3,019円≒2,994円となり、一旦、反動高が生じやすい面もある。」
    とした。 実際には、2週の戻りのあと騰勢が一服した。また、高値(Q)30,467円以降の戻り高値が切り下がる(
  • 株の玉手箱 がんばる液晶軍団

    2021-06-08 10:26  

     恵和という会社の株価が上昇している。 決算発表直後は売られたものの、その後の株価切り返しは凄く、5月17日の2,168円が6月2日は3,205円まで急騰している。 事業は農業や鉄鋼、紙パルプ産業向けの包装資材、フィルムを手掛けていたが、1992年に光学フィルム製品に参入。 光学フィルムといえば日本ゼオンさんのゼオノアなどの位相差フィルムや、富士フィルムさんやコニカさんのTACフィルム、それを貼り合わせる日東電工さんなどが有名であった。 日本ゼオンで活躍された研究者の荒川さん(現在のゼオンナノテクノロジーの社長)は富士フィルムで視野角制御のフィルムを開発後に転職されゼオンに入社し、ゼオノアを大きく成長させた方。特に溶融押し出しに勝ることが競合より優位になった筈である。 当時、ゼオンの研究のYボスによればシクロオレフィンポリマーの末端を多少変更することで特許を回避したのが競合品で、デメリッ
  • 株の玉手箱 『着眼大局着手小局』No.19

    2021-05-23 15:14  

    ~相場の観測~【週足】参照 =下値を探る経過も反動高値幅が焦点に=※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。https://1376partners.com/content_page/13287 前回の「基調維持」(記:21/4/9)では、以下のように述べた。「現在は高値(Q)30,467円と安値28,405円の何れをブレイクするかが焦点となっている。ただ、安値を下回らずに高値(Q)を上回ると上げ基調の維持となり再び上値を追う経過となる。一方、基調の維持も反動安に留意。直近の安値28,405円(3/24)を下回ると高値(Q)からの下げ幅の拡大につながりやすくなる。その場合の値幅としては、1)2,742円、2)2,994円、3)3,152円などが挙げられ、下値水準は1)27,725円、2)27,473円、3)27,315円となる。」
    とした。 実際には、4週連続の下げ(1,04
  • 株の玉手箱 外食の勝ち組で業界トップを狙う

    2021-05-11 00:06  

     GW明けの日経平均株価は29000円~30000円のレンジ相場が続き、勢いよく買いあがる材料は乏しく決算発表シーズンで数値の確認、足元のコロナウィルス変異株の感染拡大とワクチン接種の遅れを理由に警戒感が解けておりません。 今回はそんな中からの銘柄紹介です。--------物語コーポレーション(3097)[東証一部]【事業紹介】 焼肉、ラーメン、お好み焼レストランチェーンを直営、FC展開。焼肉きんぐ、丸源ラーメン等が主力業態。 2007年の1号店オープンから国内は333店舗(2021年3月31日現在)まで店舗網を広げ、飛躍的な成長を遂げたテーブルオーダーバイキング業態の「焼肉きんぐ」。 開発・人財力を強みに拡大成長しており、この2年以内に焼肉業界で売上トップを狙う計画がある。 ファミリー層をターゲットとしたリーズナブルな郊外型の焼肉店が増えてきているが、同社は、単品注文もできるが、主に食