• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 60件
  • 株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#14

    2020-09-18 19:18  
     まさに“政治の秋”と言われる通り、株式市場でも今年は例年以上に政治の話題が注目を集めています。 世界中が注目する米大統領選のゆくえも気になるところですが、アラブ・イスラエル間の国交正常化やBLMがもはやデモではなく暴徒と化していることなどもトランプ陣営にとっては追い風に変わってきつつあります。 しかし、今はご存知のとおりに我が国も政治的にとても重要な局面を迎えています。 事前観測もありましたが8月28日に安倍首相が辞意を表明したことで、にわかにポスト安倍をめぐる政局が慌ただしくなり始め、昨日の自民党総裁選で前評判の高かった菅官房長官が党内派閥に担ぎ上げられる形で自民党総裁に選出されることとなりました。 これまで安倍政権の中枢を担う官房長官として官僚のコントロールに邁進してきた菅氏は今回の総裁選出馬にあたり、経済政策は従来のアベノミクスを踏襲することをふまえつつ、独自色として役所・官僚の縦
  • 株の玉手箱 新商品の投入、持ち帰りが好調

    2020-09-14 14:58  
     足元では米国株の急落で一部ハイテク株の売りに対して、バリュー株の上昇が目立つようになりました。 今回は米国の行き過ぎたIT・ハイテク株が売られた後に狙える銘柄をご紹介します。-----ゼンショHD(7550) [東証一部]『新商品の投入、持ち帰りが好調』【事業紹介】・国内外食事業: 牛丼、うどん、ハンバーグ、回転寿司、コーヒーショップなど、バラエティ豊かな店舗群を展開。・海外外食産業: 「すき家」のグローバル展開を積極的に進めその国の安全で安心な食のインフラを育てている。・小売事業: 安全・品質・価格にこだわり抜いたスーパーマーケットチェーンを展開。・介護事業: 高齢者向け住宅、介護サービスを展開。【同社の研究開発】・おいしい食を手軽な価格で提供するため、高品質・収量の増量・安定調達を目指した食材の開発に、ゲノム解析などの最新技術を活用しながら取り組んでいる。・よりおいしい、栄養価の高い
  • 株の玉手箱 着眼大局着手小局No.11

    2020-09-07 17:19  
    ~相場の観測~【週足参照】 =上げ基調継続へ=※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。https://1376partners.com/content_page/11831 前回「上昇後の保ち合い局面が進行(記:2020/8/7)では以下のように述べた。「現在は、高値(S)23,178円以降の調整局面の進行で、安値(R)16,552円を基点とする上げ基調が維持された経過となっており、引き続き、高値(S)23,178円と安値(T)21,530円のいずれをブレイクするかが焦点となっている。また、高値(S)更新は、前高値(Q)24,083円をうかがう動きにつながる。一方、安値(T)を割り込むと下値を探る経過となる。」
    とした。 実際には、7月31日安値21,710円(T)から切り返し上値が抑えられるなか、高値(S)23,178円を上回り23,296円(8/25)と上値に進んだ。 よ
  • 株の玉手箱 ハイボールと吠えるたこ唐がサイコー

    2020-09-07 17:04  
     新型コロナウイルスによる影響がなかなか収束しません。 諸外国と比較し日本の重症患者数、死亡者数は圧倒的に少なく、ほぼ風邪と変わらないので気にする必要はないとの意見もわかります。 友人は癌が発見され手術で全てを取り除くことができず、現在毎日放射線治療を受けています。放射線は粘膜に影響を与え火傷の様な症状が生じると聞きますが、友人も肌の色や放射線を当てている内部の良性の細胞にもダメージを与えているようです。 でも心配なのは免疫力の低下で、コロナウイルスによる感染を本人も私も危惧しており、血栓による肺や脳などへの詰まりを心配しているのです。コロナウイルスによる肺炎と放映されていましたが、肺血栓ではないのかと考えてしまいます。 一部報道されています通り、新型コロナウイルスによる血栓が事実なら、アスピリンが有効かもしれません。富山めぐみ製薬のwebによりますとアスピリンについて以下のように記載され
  • 株の玉手箱 Youtuberが株価を動かす時代なんですよ。

    2020-09-01 20:18  
    *約1200字・完読サクッと3分でどうぞ【ムーブメントはテレビからは×】 あすなろ投資顧問大石です。 今日は≪Youtuberと株価≫の話。 先日人気Youtuberが行っている育成企画「朝倉未来チャレンジ」関連のニュースをyahooで目にしました。これは時代の移り変わりを象徴する出来事だなと。 かつては民放で企画が立ち上がり、その進捗がニュースになる流れしかありませんでしたね。今は全方向に発信源がある。そう考えるとコンテンツはアイデア次第でどうにでもなる時代とも言えそうですよね。 ディズニーやNetflixがオリジナルコンテンツ開発に年間2~3兆円投じている事は有名な話ですが、このような事例を見るといずれ資金的な体力勝負はなくなるかもと思う。 それだけ昨今Youtuber達の企画力(カメレオン戦略)・バズらせ力・演者力は目まぐるしく進化しています。と言っても、やはり強烈なインパクトを残す
  • 株の玉手箱 老後資産1億円達成への相場道#13

    2020-08-25 00:41  
     ようやく梅雨が明けたと思ったら今度は酷暑で連日のように熱中症の厳重警戒が呼び掛けられています。 コロナ対策でマスクを付けながら外出されている方も多いかと思いますので、皆様も熱中症には十分にお気をつけください。 株式市場もそんな梅雨明けと同時に快調に上値を伸ばして日経平均は23000円台を再び回復、お盆前には6月の戻り高値23185円を上抜けてきました。 何と言っても米国のテック5社GAFAMを筆頭にハイテク株主体のナスダックが史上最高値を更新する日が続きましたし、日本でもマザーズ指数が飛び出して本日も高値を更新しています。 日米ともに個人投資家がリスクを積極的にとって成長株・材料株を買っていく姿勢を映し出しているような気がします。 足元で新高値銘柄数は再び増加傾向にあり、一時期のコロナ対策関連一色だった頃よりも業種が多様になり、DX関連のエイジア(2352)や外出自粛も乗り越えた自動車ボ
  • 株の玉手箱 強い競争力と多彩な開発が武器

    2020-08-23 22:59  
     日経平均は約2ヶ月に及ぶ揉み合いを抜け先週23300円を抜けてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念に加え、先週開催予定の米中閣僚級の貿易協議の延期などを受け米中対立が先鋭化することへの警戒感も根強い中、個別銘柄勝負となって来る。 今回はそんな中からの銘柄紹介です。◆ファイバーゲート(9450) [東証一部]『強い競争力と多彩な開発が武器』 独立系Wi-Fiソリューション企業。マンション・アパート向け全戸一括ネット接続サービス、フリーWi-Fi事業等を展開。商業施設や集合住宅向けWi-Fiサービスを展開。通信機器の製造・販売も展開している。【事業紹介】・フリーWi-Fiスポット構築・運用 「Wi-FiNexR」 どの「端末」「キャリア」でも、無料でインターネットに接続できる環境を提供するサービス。観光地やアミューズメントパーク、商業施設において、「訪問客の利便性を上げたい」「W
  • 株の玉手箱 『着眼大局着手小局』No.10

    2020-08-17 14:50  
    ~相場の観測~【週足参照】 =上昇後の保ち合い局面が進行=※チャートを用いた説明は、こちらにて掲載しております。 https://1376partners.com/content_page/11708 前回「静から動へ(記:2020/7/11)では以下のように述べた。「高値(S)23,178円からの反落は下げ幅の拡大もなく、安値(T)21,530円から値を戻したことから、安値(R)16,552円を基点とする上げ基調が維持されている。現在は高値(S)23,178円と安値(T)21,530円のいずれをブレイクするかが焦点となっている。高値(S)更新は、前高値(Q)24,083円をうかがう動きにつながる。一方、安値(T)を割り込むと下値を探る経過となる。」
    とした。 実際には、安値(T)21,530円から値を上げたあと反落を挟んで値を戻す動きとなった。ただ、高値(S)23,178円以降の調整局面
  • 株の玉手箱 次の内需関連を探せ!

    2020-08-12 01:34  
     今週に発表されたカカクコム1Q収益は、売上高が33%減少の95億円、営業利益で66%減の22億円で大幅な減収・減益となってしまいました。 特に厳しかったのが食べログで、売上高は17億円と前年1Qの63億円、4Qの65億円と比べても大幅な収入減に見舞われています。新型コロナウイルスにより外食産業でのネット予約人数が大幅に減少、新規営業も5月までストップと環境は厳しかったことでしょう。 新興メディア・ソリューションも人の往来の減少で旅行や映画中心に減収となり大幅な減収となっています。 しかし価格.comは59億円で、前年4Qの63億円からは減少しましたが、前年1Qの56億円を超えてきております。広告やサービスはそれぞれ14.5%減収、5.1%減収でしたがショッピングが27.9%増収と事業全体を引っ張ったのです。 ショッピングでは減収の製品カテゴリーもあったことでしょうが、在宅勤務、巣籠により
  • 株の玉手箱 【2銘柄】新規上場会社が属する一大産業●●

    2020-08-08 01:43  
    本文*約1500字・完読サクッと3分でどうぞ【まえがき】 米中がキナ臭くなり、コロナも拡大方向。 何が起きても上がり続けてきた株も、流石に地政学リスクまで飛び込んでくれば方向感変わってきそうな局面。 こんな時は・・・やはり新顔(IPO)をチェックすべき。 実際の所、こちらで取り上げたIPOはどれも相場を魅せてくれました。 8月も頼むぞー。【ティアンドエス(4055)8/7上場】 まずは業績面を評価したい。 2016年11月期からは一度も落とすことなく増収増益ペース。市場拡大期待の人気テーマで収益化しているのは心強い。 属するのはAI関連。画像の処理&認識やディープラーニング、ロボット、自動運転、メモリ高速化など時流に乗るキーワードが満載。 IPOは需給と言いますが、人気化しそうな事業と公開枚数の少なさから買い優勢。VCの巨額資金も見当たらず今のマーケット状況も追い風となり初値は飛ぶと見てい