• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • 相川伸夫のこれまでの振り返りと投資戦略

    2020-01-22 14:20  
    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー ※1月18日(金)執筆時点・山王(3441)2016年12月19日配信 株価560円⇒777円(+39%)・テノックス(1905)17年2月20日配信 株価815円⇒902円(+11%)・特殊電極(3437)17年6月12日配信 株価2922円⇒5070円(+74%)・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信 株価1831円⇒1493円(-18%)・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信 株価1577円⇒1335円(-15%)・パウダーテック(5695)18年2月19日配信 株価4845円⇒4310円(-11%)・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信 株価1970円⇒2795円(+42%)・アバント(3836)18年6月25日配信 株価473円⇒1185円(+151%)・神戸天然物化学(6568)18年8月13日配信 株価2718円
  • 新報国製鉄(5542) 社長面談&設備見学

    2017-11-22 01:41  

    ※本コラムは、『億の近道増刊みんなの運用会議2017/11/02』で配信した内容に11月17日(金)現在、電話取材の上、加筆した記事になります。  2017年10月19日、相川伸夫、山本潤、ダイヤモンド社の編集者たちと新報国製鉄を訪問。  K営業本部長と成瀬社長等とお会いして、本社の研究設備を見学いたしましたので、そのご報告です。 ---- 第一部 アナリスト 情熱投資家 相川伸夫による報告 ---  先月の記事を書かせて頂いた新報国製鉄に取材訪問させて頂きました!!  埼玉の本社にあるショールームにて、会社を危機から再建し、立派な成長企業へと導いた立役者である成瀬社長始め取材対応して頂きました。  初めてお逢いさせて頂いた社長は紳士であり大変オシャレで気さくな方でした。研究開発や検査設備などについても案内して頂き、大変勉強させて頂きました。  改めてご多忙の中対応頂き、御礼申し上げま
  • 個別銘柄の研究 新報国製鉄(5542)

    2017-10-11 00:11  

    画像:同社ホームページより- はじめに -億近執筆者の情熱投資家、相川伸夫氏から9月下旬に話を伺いまして、 「訪問取材はなかなか受けてくれない」というのです。 確かに、IR専門部署がないため、訪問は叶いませんでした。 ただし、電話では1時間程度の取材は可能でしたので、 わたしも同社のリサーチに協力。 最先端の部品に関する採用、非採用などの営業サイドの際どい部分も多く、 会社に迷惑をかけないように留意しながら書き進めていました。 しかしながら、レポートを書いているうちに、株価が上昇基調になりました。 投資タイミングは押し目で。 投資は自己責任でお願いします。相川伸夫氏の選別眼のユニークさやストック・ピックの腕の確かさは、 9月10日セミナーの打ち上げや17日セミナーの打ち上げで二人でいろいろと技術の話すうちにわかりました。 やはり、調べた結果は面白い企業でした。 新報国製鉄の営業ご担当の会
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 新報国製鉄(5542)

    2017-10-03 23:47  

     先日の9月10日はまぐまぐセミナーに参加させて頂き、9月17日は山本潤氏のセミナーに参加と大変有意義な時間を過ごさせて頂きました!  投資家というのはある種孤独な戦いを強いられていると感じる時があります。  しかし、世界は広く自分の眼を外に向けることさえできれば様々な人や出来事、現象や発見が待ち受けています。  手前勝手な感覚ではありますが想うのです。  株式投資をするということは『視る』ということだと。  株価や指標、人の推奨で判断してただ買うのではなく、『視て』欲しい。  あなたが買う株は一つの会社であり、そこには多くの人が働き、考え、創造しています。  それらを知ろうとしたり考えることが結果として投資のスキルを磨くだけではなく、人としての深みももたらすと思います。  自分はまだ青臭い考えの若造です。  株式投資によって金持ちになるだけでは嫌なのです。  金が増えただけの人生なん
  • 未来が明るい企業を見出す

    2017-10-03 23:44  

     私は先般来、講演会で3つの投資尺度を用いて割安銘柄を見出して運用成果を高めようと呼びかけました。  これには一定の企業分析が必要であることは言うまでもありませんが、このことは実際には投資に際してかなりの困難さをもたらしています。つまり右から左の安易な投資ではなく相応の時間をかけた財務分析や同業他社比較、セクター分析更にはマクロ経済分析を踏まえた投資タイミングの良否なども念頭に置いておく必要があります。  そうしたことを言っているとなかなか結論が出ないので、現実には割り切った簡便な分析手法で投資に踏み切っておられる投資家の方が多いと考えられます。  3つの投資尺度は言うまでもなくPER、PBR、配当利回りですが、これらに加えて期間利益に減価償却費等を加味したPCFR(キャッシュフローレシオ)に基づく評価を行うべきかも知れません。  投資の世界の先人たちはこれらの投資尺度の存在を投資家に