• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • 株は忍耐だ!!

    2016-11-09 00:53  

     株価の変動は摩訶不思議な世界です。おそらく今話題のAIが進歩してもそれをうまくとらえることは不可能に近いかも知れません。  ただ、一方で株価変動は人のなせる業でもあり、その変動はある前提条件によって左右されることからAIが株価を捉える時代もやってくるという考え方もできます。  皆さんもご自分が保有されている銘柄の株価がなかなか上がらないという不満をお持ちになっているかも知れませんが、株式投資のリターンは忍耐と引き換えに得られるものだという考え方もできます。  全体相場が過去2年ほどの間に1万4000円台から2万1000円程度の間で変動してきた中で株価は膠着状態。為替変動に影響を受けやすい全体相場を相手にしていても資産は大して増えないとなれば、そこで一工夫してみる必要がありそうです。  現在は終盤を迎えた米大統領選でトランプ候補のよもやの当選がリスク要因となり市場は英国のEUからの離脱
  • 【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第94号配信中!!

    2016-05-23 18:19  
    月曜日の億の近道で、17年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」最新号が5月23日に配信されました。  企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。 【5/23第94号では】 ■日経平均・マザーズ指数・為替相場・原油価格動向 ■続報・中小型銘柄(4銘柄) ■企業取材報告:多摩川HD(6838・JQ) ■決算報告:トレックスセミコンダクター(6616)  → ご案内ページ http://www.honohfm.com/  → 申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3 【93号「はじめに」より抜粋】  かつて本メルマガでも何回となく取り上げてきた平田機工(6258)が、先週末はストップ高で終わり、2006年12月の上場来高値を更に更新してい
  • 大型株何するものぞ!!株式相場の底流で活躍期待高めつつある中小型材料株

    2015-05-13 17:21  
    大型株も良いが東芝やシャープのような急落銘柄も出てきますので迂闊には手が出ません。  一筋縄にはいかない相場ですが、当面の投資妙味は中小型株にあるというのが私の持論です。本日はこれから活躍しそうな中小型材料株を独自の目線で選定し、その状況を簡単にコメントしてみました。  最後にこれらの中小型銘柄で構築しましたポートフォリオをご提示しましたのでご高覧賜りましたら幸いです。 1)DDS(3782)  5月14日に第1四半期の業績発表!!今期の黒字転換見通しが裏付けられるか要注目。  株価は650円前後まで調整。再度の出直りに期待を寄せる向きもあり。  時価665円 2)ハウスドゥ(3457)  第3四半期で通期計画水準の経常利益を達成。上場初値水準に株価は戻るが、 通期業績の上方修正期待と来期以降の業績拡大期待で人気継続を期待。  時価4900円で直近高値。  5240円挑戦に期待。  リース