• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 8件
  • 株の玉手箱 着眼大局着手小局

    2019-11-03 13:31  
    ■はじめに 一般的に株式投資は「株価」を割安(低PER、低PBR、高ROE)だ、と評価して判断・行動する人が多い。また、相場の説明や解説は材料重視で語られることから、材料を評価し株価の“騰落”(価格変動)のみを考えることが一般的常識となっている。 その反面、連続する株価の推移(波)を捉えて「相場変動」を考える人は極めて少ないようだ。 つまり“材料”のみを気にして「価格変動」を考えることが主流となっている。その結果、『偶然性の追求』となり、株式投資で重要な「相場変動」を軽視・無視する傾向が強まってしまうのである。 よって、株式投資は“相場をやる”ことであり、そこには固定観念や思い込みなどを排除する努力(常識を疑う常識を持つ)が必要だ。 何しろ、株式投資には「株価変動と相場変動」の二つのリスクが常時つきまとっており、リスクに対する敏感さが求められるものだ。 “理屈を通せば道理が引っ込む!”と言
  • 大魔神のアンテナ 桜咲く季節、テーマ株が満開に

    2019-04-02 01:38  
     日経平均は、相変わらず上げ下げを続けて方向感に乏しい展開になっています。  テクニカル的な見方をしている私にとって、これほど悩ましい相場はあまり経験したことがありません。結論から言うと、まったく先が見えてこないという事です。  ある程度予測はするものの、裏切られています。  友人の市場関係者は、「今は取り敢えず弱気のコメントが無難だと」語っている反面、今もって大きな下落はなく、下げても戻しがあってもみあい相場だとも語っていました。  では、市場内はどうなのか?  案外と盛り上がりを示しています。  バイオ株も潰れたようでも巻き返す動きを見せていて、その影響もあるのか、静かにしていた「ALBERT」が今週初めより動意、戻り高値を奪回して、その関連である「AI」関連銘柄への物色も始まっています。  また、新天皇即位で新年号が制定されることで、「印刷・ビジネスフォーム」関連株が買われ(カワセ
  • 大魔神のアンテナ 外部要因で相場は一転・また一転しています

    2019-02-18 14:54  
     先週の動きはテクニカル的に見て、ちょっと悪い方向性を示したが、一転、今週は良い方向性を示す動きを示した。  その大きな理由は「トランプ大統領」の発言に因るところが大きく、米中の首脳会談を行うと語ったが、急変、やはり3月1日までは会談を行わないと発言。しかし、今週に入り米中協議が始まると貿易交渉が進展しているとの見方が高まり、またもや「トランプ大統領」が習主席と会談を望んでいると語りました。  その影響で株式市場は下げたり、上げたりと方向感が定まっていない(特に東京市場は)。  さて、チャート的に今の「日経平均株価」の動きを見てみると、2月1週目の20900円台が戻り高値の抵抗帯でしたが、今週水曜日、あっさりと戻り高値20981円を抜き、21000円台を示現した。  一時的ではあったが、大きな節目である75日移動平均線を突破(この時点では21198円が75日移動平均線でした)、高値212
  • フラクタルな株価形成を活かす運用

    2018-04-05 00:55  

     株式投資は奥の深い世界だというのは皆さんも十分に理解されているかと思います。投資する以上はリターンを得るのが目標になりますが、未来のことは誰しもわからないので、投資には絶えずリスクが伴います。  それでもリターンを求めての株式投資を続けておられる訳で、このあたりは銀行に預けていても得られないメリットを享受されて当然のことなのです。  日本人の多くは銀行に依存して生活をしています。  株式投資は長い間博打と同様の語られ方をして参りましたが、様々なリスクを分散しながら運用に努めれば比較的、安全な資産形成ができるということに多くの投資家は気が付き始めたようにも思います。  ということで3700もの銘柄が株式市場に上場している中で投資家の皆さんはそれぞれに思いをめぐらし、ご縁もあってその銘柄に投資されていることだと推察されます。  企業評価を考え、企業の未来を考え、成長期待を先読みしながらの
  • カブテクの株日記

    2018-03-07 13:15  

    2018年3月1日  日経平均2番底を探る動き、個別株は別の動きだが…  27日の日経平均先物はしっかり上昇して、25日線を抜けたが、その後25日線の上を維持できず、5日線も割って2日間大きく下落した。  NYダウは75日線を抜けていたので、日経平均も75日線にトライするだろうと判断していた僕の考えは間違いであった。  市場は悪材料を求めていた?悪材料には過剰なほど反応する。  株を売る悪材料には事欠かない。  パウエルFRB議長の議会証言による利上げペースの加速懸念、28日の原油相場の下落、中国の2月PMIが1年7カ月ぶりの低水準で上海総合指数が下落、これらの悪材料でNY株は連日大幅に下落した。  さらに日銀による超長期の国債買い入れオペ(公開市場操作)の減額通知をきっかけとした円高の影響を受けて日本株も大幅に下げた。  3/2早朝には、中国との貿易摩擦懸念でNYダウは、500ドル近
  • カブテクの投資日記&炎のファンドマネージャー

    2018-02-27 19:15  

     本日よりセンセーショナルにスタート!! 炎)私、炎のファンドマネージャーと長年交流を持つ孤高の投資家「カブテク」が放つ株のテクニカルコメント。前号において予告させて頂きました皆様待望の「カブテクの投資日記」を今号よりスタートさせて頂きます。  変動の激しい株式相場の世界と個別の中小型銘柄の捉え方を独自の目線でコメントさせて頂きますので宜しくお願いします。カ)炎さんいよいよ開始ですね。これからよろしくお願いします。 炎)こちらこそ宜しくお願いします。  読者の皆様にユニークな視点でコメント頂きましたら幸いです。 カ)株式相場や個別銘柄について僕の独自の目線で日記風にこれまでまとめてきましたが、そのエッセンスをまずはご披露したいと思います。  2月18日(第15号)から2月24日(第18号)までの日記を炎さんにお送りしておきましたので、宜しくお願いします。  なお、個別銘柄については過去
  • 情熱投資家、相川伸夫の『株の買い方と売り方を考える』

    2017-08-02 03:00  

     最近は以前より自分の記事へのコメントが増えてきており、とてもうれしく思います。  読者の皆様からのコメントを頂けることは素直に執筆する励みになりますし、自分としても様々な考えを知ることができ、大変勉強になっています。  記事に対してどんなふうに思ったとか、こんなことについて調べて欲しいなどどんな内容でもコメント頂けた物は全て読ませて頂いておりますので、これからもお気軽にコメントくださいね!  今回は株式投資について、自分の考えを書きたいと思います。  そもそも皆さんはどんな目的で株式投資をされていますか?  きっと、ほとんどの方が株の売買による利益(キャピタルゲイン)を目的に株式投資をされていることと思います。  そして、究極的には資産を億越えまで増やして日々の株価等に囚われずに配当金だけでの利益(インカムゲイン)による悠々自適な生活などを夢見たりしていることではないでしょうか?  
  • 日経平均の戻り目途

    2016-01-26 19:01  
    日経平均がボトムを形成したと考える投資家は今度はどこまで上がるだろうと想いを巡らせます。まだ原油価格や為替次第で下値模索懸念も残っていますが、ひとまず日経平均が戻りに入ったと見てその目途を冷静に分析しておく必要があります。  一般的にはテクニカル上の大雑把な戻り目途として今回は日経平均18500円から19000円、その時期は3月20日前後となります。昨年8月11日の 日経平均の高値20946円から約50日間、4045円幅で値を下げ、その後2か月間の上昇が見られたことがヒントになります。  12月1日の高値20012円から今回は1月21日まで3995円幅、これも約50日間の調整を経て次のピークは3月中旬前後となり、ボトムから3000円幅の上昇が見込めるという前提で日経平均は最大で19000円どころを目指すと期待されます。  ここからしばらくは戻りを試しにいきますが、紆余曲折があって当然です。