• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • 【第2回大魔神氏注目銘柄セミナー+YEN蔵氏座談会開催!!】

    2019-06-18 00:28  
     本年2月に開催し、大好評だった大魔神氏によるセミナーを開催します。 また都合により前回実現できなかったYEN蔵氏との座談会も併せて行います。 独特の相場観と投資スタイルを持つ大魔神氏の目線は、新たな発見をもたらしてくれるはずです。 日経CNBCや各種セミナーで引っ張りだこのYEN蔵氏も、相場観やトレード方法、銘柄ピックアップなどで大魔神氏と対談します。YEN蔵氏[前回参加者の声(アンケートより)]・今後の相場観、日経平均と225銘柄との関係性の話が面白かった。・初めて大魔神さんの講演を聴いたが大変分かりやすかった。・自分のフォーカス外にあるセミナーには今後も参加したい。・今まで何故と思っていたことを教えていただき大変勉強になった。 ぜひご参加下さい。■日時:2019年7月14日(日)13:30~16:45 ●セミナー内容 13:30~14:30(60分)  1.現状のマーケット概況と評価
  • たけぞう氏「中長期投資家に向けた役に立つトレード法セミナー+YEN蔵氏との座談会」開催!」

    2019-04-22 17:47  
    ◆見るのは3つの指標だけ! 30年間証券ディーラーで活躍してきた、たけぞう氏による中長期投資家向けのトレード法セミナーを開催します。 株が大好きなたけぞう氏が、中長期志向の投資家に向けて、役に立つトレードの方法を伝授します。◆YEN蔵氏との座談会も開催! 外資系銀行で為替ディーラーだったYEN蔵氏との座談会も同時開催。 トレーディングの哲学や極意など貴重な話題を聞けるチャンスです。 Twitter: @YENZOU【たけぞう氏よりご挨拶】 はじめまして。たけぞうと申します。 私は昭和63年(1988年)に証券会社に入社をして4年間、東京証券取引所で場立ちをしました。その後2年間の事務部門を経て、平成6年(1994年)に以前から希望していたディーラー部所への所属となりました。 退任するまでの24年5ヵ月間をディーラーとして務めました。 この間、約50億円を稼ぎ会社へ貢献しました。 ですが昨年
  • ■億の近道スペシャル 大魔神氏特別インタビュー 後編「投資対象銘柄発掘について」■

    2019-01-26 00:48  
    大魔神氏の2月2日セミナー開催を記念して、特別インタビューを1月17日に収録しました。 今回は後編「投資対象銘柄発掘について」です。ぜひお聞き下さい。  後編「投資対象銘柄発掘について」  聞き手:YEN蔵氏  前編「出来高の見かたについて」  聞き手:YEN蔵氏  https://youtu.be/kYJuwVmuooo
  • 【億の近道執筆陣出演 記念座談会開催!】

    2018-11-30 16:32  

     12/24午後に、都内で億の近道19周年+リンクスリサーチ1周年記念のイベントを行います。  メインは億近執筆陣の座談会。クリスマスイブの午後、楽しいイベント(と思います)で、年末のひとときをお楽しみ下さい。  当日は、億近執筆者の座談会に加え、銘柄研究発表(予定)や億の近道過去の振り返りなどを行います。 ■日時:12月24日(月・祝)    13:30~16:30 ■場所:東京都(詳細はお申し込み後にご案内いたします) ■参加費用:3,000円(税込) ■イベント内容:  ◆記念座談会   登壇者:炎のファンドマネージャ氏        山本潤氏        YEN蔵氏        小屋洋一氏        ほか(現在調整中)    司会:内田まさみ氏   ◆銘柄研究発表ほか  ※内容・登壇者は変更することがあります。 ■申込方法:  以下のリンクから、必要事項をフォームに入力
  • トランプ大統領とマーケット

    2017-02-13 23:26  

     昨日はトランプ大統領が、今後2~3週間以内に税および航空インフラ開発に関して目を見張るような発表を行うと発言した。この発言を受けて米10年債利回りが上昇してドルは上昇することとなった。  ここまでは悲観論によるショート勢、また日米首脳会談を前にして動けない投資家がそろり動いたのが今日のマーケットだったのではないだろうか。  ショートカバーでここまでが得たが、ここからさらに上値を試せるかどうかは、今晩の日米会談にかかっていると思う。  ドル円に関しては120円を超える楽観論はさすがに影を潜めたが、110~111円がサポートされ110~115のレンジであれば、株価に関してはそれほど大きな下落要因にはならないのではないだろうか。 (YEN蔵) (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が