• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 56件
  • ■本日プレ配信!炎チャンネルスペシャル(生配信) シリーズ2 開始!!

    2021-04-07 11:40  

    【本日4月7日(水)19:30~ プレ告知版配信!(無料)】2021年1月から好評配信した炎チャンネルスペシャルのシリーズ2が開始です。 今回は4月14日から隔週で全6回。 隔週水曜日19時半から20時半まで生配信!アーカイブもあります。4月7日プレ告知版は、「太っ腹の「億の近道」編集長と語る株話のひと時  告知版&お試し版だよ一挙無料公開!! 晩飯早めに済ませてLet’s join us!!」 ◆プロローグ 春の株祭り 明るく陽気で元気に行こう ◆1-3月の市場動向レビュー 面白くなさそうだけどおつきあい下さい。 ◆市場の今日の出来事 皆さんお勤めご苦労様です。 ◆ここからの4~6月相場はどう動くのか?  株は上がるか下がるかしかない!?  当たるも八卦当らぬも八卦  外れ覚悟で予想するズバリの株式相場予報 ◆視聴者便りコーナー   1)炎さん、株高トレンドはいつまで続くんでしょうか?
  • 【アーカイブ】2月10日(水)開催 炎チャンネルスペシャルライブ!(第3回)

    2021-02-10 22:19  
     月曜版億の近道執筆者炎のファンドマネージャーが、2月10日に ライブ配信を行いました。 今回は第3回です。 ↓↓↓↓冒頭20分は無料視聴できます。↓↓↓↓↓↓ 続き(約45分)は以下から視聴可能です(有料:480円)。◆日時:2月10日(水)13:30~14:35(65分)◆出演:炎のファンドマネージャー◆内容:: ◯[テクニカルチャートの活用を考える 20分(無料)]  ・ファンダメンタルズ(業績など)とテクニカル(チャートなど)  ・買いタイミングと売りタイミング、上値目途、下値目途  ・短期変動と長期変動  ・運用上有効な指数 ほか ◎【株式投資の基本】[あなたはファンダメンタルズ派?それともテクニカル派? 20分(有料)]  ・経験に基づく一定のセオリー  ・PERとPBR  ・PER100倍以上の銘柄  ・テクニカル上の判断も必要な場面 ほか ◎[IPO銘柄も上場後に大きく調整
  • 波乱相場の時こそIPO銘柄

    2021-02-04 11:33  
     コロナ禍対応に基づく過剰流動性相場は米国株に不安定な潮流をもたらし、その潮流は日本株に押し寄せているようです。 先週の米国株で話題となったゲームストップ株の乱高下はその典型例で空売りを敢行したヘッジファンドとそれに対抗したSNSでつながった個人投資家の対峙が見られ、米国議会や規制監督当局にも影響を及ぼそうとしています。 かつて日本でもあった仕手株(誠備グループが手掛けた銘柄など)と似た構図が醸成され今後の成り行きに関心が集まりそうです。 この世はすべて左と右に分かれての軋轢を生むというのが常です。 本日はミャンマーで軍事クーデターが発生したと報じられ、この先は米中の対立に進むといった見方まで出てきました。 こうした中で先週は株式相場にも調整含みの展開が見られNYダウが3万ドル割れ、日経平均も2万8000円割れの展開となってきました。 多少の株式相場全体が調整し波乱の展開を余儀なくされると
  • 2月3日炎チャンネル スペシャルライブ!(第2回)無料配信&有料受付中!

    2021-01-29 15:15  
     月曜版億の近道執筆者炎のファンドマネージャーが、2月3日午後にライブ配信を行います!(全6回予定2回め) ■今回有料視聴特典!!■ 今回有料視聴された方には、炎の投資情報(有料メルマガ)1月25日配信号を差し上げます。 なお、冒頭20分程度はyoutubeで無料視聴できます。 視聴はこちらから ⇒ ◆日時:2月3日(水)13:30~14:30(60分)◆出演:炎のファンドマネージャー◆内容(予定):13:30~ ■コーナー1【株の魅力】 ◯[株の魅力 未来を予見しリターンを高める 20分(無料)] ・前回のレビュー ・株式相場の過去30年を振り返る ・アフターコロナ時代の社会を予想 ・企業、経営者を応援する投資 ・全体相場とは関係のない成長株探し ・インフレやバブル形成 ・テーマ銘柄探し ・企業が発信する情報をチェック ===(ここまで無料)===13:50~ ■コーナー2【株式投資の基
  • 2021年のIPOが2月5日からスタート

    2021-01-28 23:30  
     バイデン新政権が1月20日にスタート。選挙戦での不正疑惑の中で新たな大統領となったバイデンさんが打ち出す施策に関心が高まる中、株式相場の行方を見守る投資家の皆さんにとってはここはなおも強気でいくか、一旦利益を確保すべきだと思うのか悩ましいところかと思われます。 新大統領は早くもアンチトランプの施策に打って出ようとしておりますが、そうした施策がうまくいくかどうかはともかく、コロナ対応の施策が打ち出されたことやバイデン政権で今回、女性初の財務長官となる予定のイエレン元FRB議長が打ち出す大胆な景気浮揚政策に向けた発言などが後押しとなり引き続き基調は強いものと見受けられます。 ただし、日本にとっては通貨政策によっては円高に拍車がかるなどの懸念もありますので気をつけたいところです。一気に100円割れまで円高の進展があるなどすると一連の輸出関連の値がさ銘柄に影響する可能性があります。 こうした中、
  • 活況、マザーズ市場、3カ月の調整もやっと一巡!

    2021-01-28 23:25  
     マザーズ指数は昨年、10月14日に高値1368.19ポイントを示現後、外国勢の先物を絡めて売られ、下落し、更に12月には75日移動平均線も割り込み、売りを誘う動きになりました。 この時期、個人投資家中心に節税対策の売り物もあったと市場関係者が語っていましたが、マザーズ市場は12月22日に1125ポイントまで下落しました。ただ、その節税対策だけではなく、ヘッジファンドと見られる、短期筋が先物売りで売り仕掛けをしていたとも言われており、その間、戻りがあっても、先物をその都度売り叩く仕組みを組んで下げさせていた感じです。 その動きは今年に入ってもありましたが、先週から下値を拾う強い動きが見られ、底固さを示していました。 そのような状況下で先週金曜日、1月15日からIPO銘柄への物色が始まっていました。 「バルミューダ・6612」「ENECHANGE・4169」の両銘柄がストップ高を演じていまし
  • 四季報の裏側、全部お話しします! その4 動画配信中!

    2021-01-14 03:04  
    ガチャ氏×炎のファンドマネジャー氏四季報の裏側、全部お話しします! その4 動画配信中!★ニコニコ動画とツイキャスで視聴可能!!★ 昨年12月19日収録のセミナー動画を、お求めやすく3部に分けて配信。 元記者だから語れる、しがらみのない「四季報のホント」がわかります。 また、金融業界で40年以上活躍する炎のファンドマネージャ―氏の見方も参考になります。★四季報最新号(12/16発売)についても解説しています!「本当に取材しているの?」「記者一人あたり何社担当?」「企業から圧力はあるの?」「社長に取材しているの?」「業績予想の表現の違いは?」「新人記者が担当する企業は?」など四季報の疑問が解消します! 四季報執筆&調査に5年間携わっていたガチャ氏が、その裏側と興味深いトピックを全部開示。 実際に携わってきた人間だけが分かる深い話が聞けます! また第2部では、億の近道でもおなじみの炎のファンド
  • アーカイブ配信中! ■四季報セミナー ガチャ氏×炎のファンドマネジャー氏 四季報の裏側、全部お話しします! その4

    2020-12-23 00:02  
     12月19日収録のアーカイブ配信中!!年内いっぱい視聴可能です。 某上場企業社長がTwitterで四季報記事に苦言を呈していましたが、このセミナーを受講すればいいのにな…と感じています。 四季報investorsの会、主宰の堂島氏も以前参加して、内容を評価していただきました。 元記者だから語れる、しがらみのない「四季報のホント」がわかります。 また、金融業界で40年以上活躍する炎のファンドマネージャ―氏の見方も参考になります。★四季報最新号(12/16発売)についても解説します!「本当に取材しているの?」「記者一人あたり何社担当?」「企業から圧力はあるの?」「社長に取材しているの?」「業績予想の表現の違いは?」「新人記者が担当する企業は?」など四季報の疑問が解消します! 四季報執筆&調査に5年間携わっていたガチャ氏が、その裏側と興味深いトピックを全部開示。 実際に携わってきた人間だけが分
  • 明日から始まる令和2年師走のIPO

    2020-12-16 12:12  
     新型コロナショックに揺れた令和2年の株式相場は米大統領選の決着が見えない中で引き続き意外なほど強い展開が続いている。NYダウが3万ドル台乗せを演じる一方、日経平均も2万7000円台乗せが目前に迫りつつある。 師走特有の値動きも既に一巡し、高値をつけた銘柄には利益確定売りが活発に出るなど上げれば高値警戒感も出やすいが、日経平均に限っては押し目買い基調にあってジリジリと年初来高値更新の動きが見られる。この勢いを背景に循環物色が継続。2018年の高値更新にはまだ間があるTOPIXや東証2部、JASDAQなども先高観が醸成され高値更新に向かいつつある。 こうした中で令和2年師走のIPO銘柄数は一挙に26となり、明日15日から29日にかけた2週間で賑やかな売買がなされるだろう。 11月30日に再上場を果たしたネットワークセキュリティ機器を手掛けるバリオセキュア(4494・東証2部)が公開価格225
  • 初値が公開価格割れとなったバリオセキュア(4494)

    2020-12-02 12:40  
     ~活気づくIPO市場の中で~ 12月29日にマザーズへのIPO承認が得られたオンデック(7360)が令和2年の最後のIPOとなるかと思いますが、これで今年は92の銘柄がIPOを果たすことになります。 3月にはコロナショックで懸念された令和2年のIPOですがこのままいくと意外にも想定した以上に順調な消化がなされそうです。皆様の投資成果はいかがだったでしょうか。また思い出に残ったIPO銘柄はございますか。 ネットワークセキュリティ機器や独自の監視システムによる運用・監視・サポートサービスの提供を行うバリオセキュア(4494・T2)は放出株数が236万5000株と多く、初値(2150円)が公開価格(2250円)を下回って始まった。終値も2010円で安値引け。これからまだまだ26銘柄が年末まで出てくるという矢先のマイナススタート。 もしかしたら需給が悪化してきたとの印象も出そうな11月最後のIP