• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 1件
  • 最近の投資用不動産マーケットについて

    2013-12-13 22:36  
    ここ数日、仕事の関係で投資用不動産を扱っている人々に色々なお話を聞く機会がありましたので、皆様にも情報をシェアしておきたいと思いました。  現状の東京周辺の不動産状況は正直やや過熱気味です。  不動産のファンドやREITのプレーヤーたちは、現在なかなか金額的に買える物件が無くなってきており、東京の物件ではなく地方都市、それも大阪、名古 屋、福岡でも東京同様に金額が上がってきているために、札幌、仙台、新潟、岡山、熊本など中位規模の都市にまで領域を広げて購入を検討しているそうです。  こうした流れを考えると、やはり日本の地価は 東京(中心部)⇒東京(周辺部)⇒大阪、名古屋⇒地方都市 の順番で上がっていくことが良く理解できます。  その他物件の種類で考えるとファンドとして購入しやすい (ピカピカな)オフィス⇒(ピカピカな)レジデンシャル⇒その他(商業施設、老人施設、物流施設) といった物件種別が