• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 8件
  • 異常な金利の世界

    2019-07-23 02:29  
     国内株式市場は既に投機資金の博打場に成り下がっています。 中長期投資家の参加が減る中で、特に外資系(ファンドなど)や短期資金が主導する一部銘柄に対する投機的な売買が中心であるため価格発見機能が失われており、ファンダメンタルズなどは無視され相場操縦によって乱高下するだけの博打市場になっています。 現時点で期待できるのは政治くらいかなと思います。 今週末の選挙結果を見て、安倍政権が盤石と確認できれば外人買いが期待出来そうですが、企業の業績動向が不透明なため余り無理をする気にもならずで・・・。 政府や金融業界は「年金が不足するぞ!」「NISAは当行で!」・・・と煽りますが、彼らの手数料稼ぎのカモにならないよう一般投資家は注意が必要です。国内株式市場が上昇をはじめて既に7年になりますし、米国市場も10年間も上がり続け、S&Pで見れば2009年の安値から4.5倍にもなっています。 日銀も政府も何と
  • 相川伸夫の投機と投資の違い、ピックアップ銘柄本決算フォロー

    2019-05-16 00:21  
    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー ※5月10日(金)執筆時点・山王(3441)2016年12月19日配信 株価560円⇒731円(+31%)・テノックス(1905)17年2月20日配信 株価815円⇒811円(+0%)・LCホールディングス(8938)17年4月3日配信 株価894円⇒944円(+6%)・特殊電極(3437)17年6月12日配信 株価2922円⇒5030円(+72%)・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信 株価1831円⇒1399円(-24%)・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信 株価1577円⇒1172円(-26%)・パウダーテック(5695)18年2月19日配信 株価4845円⇒2800円(-42%)・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信 株価1970円⇒1843円(-6%)・アバント(3836)18年6月25日配信 株価945円⇒164
  • 仮想通貨は投資?投機?ギャンブル?

    2017-09-08 03:07  

     マネーライフプランニングの梶原真由美です。  夏の猛暑はどこへやら・・・すっかり涼しくなりましたね。  先日、娘を連れて東京都荒川区にある「あらかわ遊園」に行ってきました。  あわかわ遊園は東京23区内で唯一の公営遊園地です。  1922年開園と、その歴史は95年にもなるので綺麗で最新の設備ではありませんが、情緒あふれる遊園地です。  公営なので良心価格ですし、小動物とふれあえる広場もあって、娘はうさぎやカメを追い掛け回して大喜びでした。  小さなお子様がいるみなさん、機会があればぜひお出かけ下さい。  さて今日は何かと話題の仮想通貨についてです。■投資初心者がいきなり仮想通貨を保有する  最近FP仲間がこんな愚痴をポロリと言いました。 「仮想通貨を投資として考えている人が多すぎてちょっとウンザリする」  確かに、私も仮想通貨について知人、友人から 「仮想通貨を友人すすめられたんだけ
  • 楽しめる株式市場へ

    2016-03-18 23:58  
    個人的な感想ですが、アベノミクスがスタートした2012年末以来、国内の株式投資で面白いと感じたのは翌年の2013年から2014年一杯と思います。  それ以降は、ひたすらインデックスが乱高下した記憶ばかりが残ります。  自身の投資でもその間に随分と値上がりしたものもありますが、それらの大半は13年の前半まで、またはそれ以前に投資したものばかりで、14年10月の 日銀緩和第二弾以降については(自身の追加投資が少なかったこともあり)パフォーマンスは良くありません。機動的な投資スタイルでは無いことも理由と思い ますが、何せ動くものに付くと言う短期的な投資は仕事柄も無理ですので(^^;)  2月4日のコラムにて、昨年半ばに日経平均が20,000円前後を上下していた頃からの円安効果による最高益予想や、中国バブルの崩壊予想などを挙げていくとリーマンショック前に似ている部分があると書きましたが、果たしてど
  • 有料メルマガライブラリから(157)バリュー投資について考えたこと

    2015-07-31 00:51  
    有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。  なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。 ==「バリュー投資について考えたこと」==   (有料メルマガ第261回・2014/1/14配信号) ※注 2014年1月現在の内容ですので留意下さい。 【前略】  バリュー投資を一言でいうとどうなるか。私が30年近くかかって、やっと得た結論は「バリュー投資、それは『我慢』である」ということです。 【中略】  バリュー株というのは投資指標的に言えば低PERや低PBRが多いです。その企業の本源的(=本当の)価値と株価を比較すると、本源的価値より株価が安い銘柄のことを言います。  企業の本源的
  • 有料メルマガライブラリから(156)市場(=投資家)はよく間違える。だからチャンスがあるのだと思います

    2015-07-22 16:51  
    有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。  なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。 =市場(=投資家)はよく間違える。だからチャンスがあるのだと思います=  (有料メルマガ第146回・2011/10/11配信号)  私のように、株式投資を利用して、安定的な配当や優待などのインカム・ゲインを獲得して生活費の一部にしようと考えて株式投資を行っている投資家にとっては、一部の資金で行なう短期トレードなどは、総運用資産に決定的な大きな影響を与えない局地戦だと考えています。  このような短期トレードの局地戦で利益を上げられるか損失を蒙るかは、基本的に緊急事態にいかに対処するかで成果が
  • 有料メルマガライブラリから(114)株式投資はお金儲けの有効な特効薬だが、使い方を間違えると毒薬に変わることもある

    2014-08-13 10:50  
    有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。  なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。 =「株式投資はお金儲けの有効な特効薬だが、使い方を間違えると毒薬に変わることもある。」=   (有料メルマガ第239回・2013/8/6配信号) ※注 2013年8月現在の内容ですので留意下さい。  株式投資は資金を有効に利用すると、資産を加速度的に増やす強力なエンジンのような働きをしてくれます。  しかし、株式投資を株式投機にしてしまう人が多いように、株式投資には射幸心を刺激する部分もあり、相場環境の激変により、場合によっては投資資金が大きく減ってしまうことも起こります。  2012年ま
  • 定期預金型割安株投資VS投機的材料株投資

    2013-10-02 11:21  
    天高く馬肥ゆるの秋を迎え、皆さんの運用成績は着実に向上しているものと拝察申し上げます。  全体相場は日経平均15000円を前にジワジワと値を上げ、9月配当落ちもあっさり埋めて強い展開が継続しています。  そうした2013年の秋相場到来の中、多くの読者の皆様におかれましては投資先企業の将来性を吟味しながら、運用に努めておられるものと思われます。  全体相場は上昇していても個別株はまた千差万別。投資したけどなかなか上がらないとぼやく多くの投資家の悩みが株式市場にはうごめいたりもします。バイ アンドホールド型のオーソドックスな運用では我慢も必要ですが、限られた資金を効率的に売り買いして儲けようという投資家(投機家)にとっては日中や日々 の値動きこそチャンスと捉えて市場に向き合っておられるものと拝察致します。  ただ、究極の目標は投資資産(アセット)の増殖にあるのであって、個別株の株価に過度に一喜