• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • 大魔神のアンテナ 海外投資家の買い越しが続いている

    2019-04-27 12:04  
     海外投資家の買い越しが続いている。楽しみですね。 海外投資家はこの4月初めより、買い越しが3週間続いた。今年は3月末まで売り越し姿勢が続いていた。特に現物株を売り続け、約8兆円以上の売り越し額(昨年からの累計)を積み上げてきた。先物で買い越しになっていた時もあったが、現物は売り続けていた。 その半面、売りに対しては、日銀が受け手になっていたようです。無論、個人投資家も同様です。 過去の売買動向でも、外国人投資家が買いに回ると個人投資家が売りに回る。 反対に外国人投資家が売り手になると個人投資家が買っていた。 さて、どちらが大きく利益を獲得しているかと言えば、毎回外国人投資家が勝利している。 今回、4月から外国人投資家の姿勢に変化があり、大きく買い越しに転じ、この3週間(5月第1週・6227億円。4月第2週・1214億円。4月第3週・5534億円)で現物株だけでも1兆2000億円以上の買い
  • 年初来新高値銘柄に着目

    2016-03-29 17:24  
    堅調な欧米株の推移から今週の日経平均株価は1.7%の上昇。  本日発表された投資家別売買動向では外国人投資家が4580億円の売り越し。  外国人投資家の売り越しは年初から11週連続で売り越しており、売り越し額は約5兆円に迫っている。  日本株の上昇には外国人投資家が買いに転ずること、為替の円安方向への推移が不可欠だ。  来週末は雇用統計を控えているため、週後半は雇用統計を意識し小動きを予想。  売り越しが続いていても年初来高値を更新している銘柄が散見される。  年初来高値銘柄は需給面で軽く、上値を狙いやすいこと、買い需要の継続も期待できることから順張りのトレードに適している。  今週、年初来高値を取った銘柄は1日平均で30銘柄程度あり、傾向として4つに分けることができた。  CSPやALSOKなどのテーマ株、イワキポインプなどのIPO、ライトオンやトリケミカルなどの好業績銘柄、BrHDなど
  • 株式相場の位置~節目に到達した株式相場~

    2014-04-08 19:07  
    日経平均が先週ようやく15000円台に乗せてきました。皆さんの投資資産も多少は上向いてきたものと推察されます。  ただ、15000円どころは相場の節目にもあたり、今後どちらに振れるのかに関心が集まっています。  全体相場の動向を示す日経平均はTOPIXと同様に大事な指数です。ソフトバンクやファーストリテイリングなどの値がさ銘柄に影響を受けやすいとも言わ れますので、個別銘柄とはまた違う動きとなりますが、相場全体の動きを象徴する指標としてその動向はしっかりチェックしておく必要があります。 1)日経平均、TOPIX、JASDAQの推移   (*2014年1月 **2014年3月) 2012年12月終値  日経平均:10395.18円=65.2  TOPIX:859.8=66.6  JQ:55.06=53.1 2013年5月高値  日経平均:15942.6 =100  TOPIX:1289.77