• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 4件
  • 株の玉手箱

    2020-04-27 00:21  
     新型コロナウィルスの感染拡大は日に日に増していますが、足元の日経平均の動きは戻り高値を更新して来ました。 日経平均が安値を付けた3/19の16358円時に比べて感染者数が拡大しているにも拘わらず株価が上がっているのは何故か。 現在はコロナ収束期待と業績回復期待で上げ、現実悪材料(景気指標や感染数)で売りを繰り返しているからです。 日経平均は3/19の16358円まで下記の悪材料を織り込んで売られました。★相場は不透明感が漂っている時が一番売られます。・オリンピック中止・延期(いつになるのか)・コロナウィルス感染者の急拡大(どこまで増えるのか)・非常事態宣言(首都封鎖)(いつ発表なるか)・ボロボロの3月期企業業績(どこまで落ち込むのか) これらの悪材料を織り込むと各国の中央銀行の金融緩和や政府の財政出動の対策が出て相場は反転しました。 今回のコロナショックによる実体経済の影響は4-6月期が
  • 市場潮流

    2019-10-21 17:50  
     今週(10月15~18日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で693円81銭上昇し(率にして3.2%の上昇)、2万2492円68銭で取引を終えました。2週連続の上昇です。 米国と中国の両政府が11日(金)まで開催した貿易協議で部分的な合意に達したことを好感し、連休明けの東京株式市場は大幅に上昇。ただ、週末にかけては、短期的な過熱感も浮上し、上値が重くなりました。 週初の15日(火)は上記の要因により、短期筋による株価指数先物の買い戻しなどを交えて株価は上昇。日経平均株価は前週から3日続伸し、前週末比408円高となり、約3週間ぶりに心理的な節目である2万2000円台を回復。続く16日(水)も前日比265円高となり、日経平均株価は年初来高値を更新しました。17日(木)は、さすがに21円安と小幅反落。18日(金)は40円高で取引を終了しました。 国内主要企業の19年度2Q決算が発表されつつあ
  • 大魔神のアンテナ 閑散相場に売りなし

    2019-04-17 10:40  
     閑散相場に売りなしとよく言われますが、今はまさにそのような相場ですね。 海外メディアの報道で、東京株式市場の時価総額が世界第3位から4位に後退したという記事がありました。今までは米国、中国と並ぶ3大市場でした。しかし、今は「香港市場」に抜かれました。 昨年12月の下落以来、外国人投資家は日本市場を無視する姿勢が続いており、国内投資家においても模様眺めの姿勢です。 閑散相場中では大型株への投資も控えめ、その分、中小型株・新興市場銘柄が今でも活況を呈しています。 3月まで活況であった「バイオ」株が、今週再び活況を帯び「キャンパス」が3日間のストップ高。また、「オンコリスバイオ」も再浮上して2日間のストップ高を演じました。また、同様にIPO銘柄等も、2月ひと相場を作りましたがこちらも再び盛り上がりを示しています。 全体感から見てやや寂しさを感じますが、そんな中でも株式市場はお仕事をしているので
  • 温故知新 back to the future その2 伝説のレポート ~山一證券経済研究所の月報より~

    2017-08-04 13:21  

    伝説のレポート ~山一證券経済研究所の月報より~  個別株、個別産業の研究 [要旨]  1984年山一證券経済研究所のアナリストT.Iさんは月報に超純水製造装置について執筆した。  T.Iさんは、33年前にすでに半導体向け超純水製造装置への深い洞察を行った。  当時、栗田工業の株価はいまの10分の1であった。 ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ==古きを温ねて、新しきを知る==  このコーナーは、古き良き時代の証券レポートを紹介し、現在の証券業界への警鐘を鳴らします。 ==▼山一證券 伝説のレポート YRI 山一證券経済研究所発行の証券月報 1984年8月月報より== ::::YRI 山一證券経済研究所アナリストT.Iさんの超純水製造装置業界の調査レポート:::: 【調査】  需要急拡大の超純水製造装置。  超純水は、原水をさらに高度に処理し、理論