• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 7件
  • 頑張れ!!上場企業(その1)

    2019-09-26 13:49  
     このところの株高でいつの間にか東証1部の時価総額が約616兆円となってきた。 米中貿易摩擦の影響を不安視するよりも好需給(外国人の買い戻し、自己株買い、公的資金の買いなど)に支えられた株高との印象はぬぐえないが、この先もネガティブな要因を織り込みながら堅調な推移を辿っていってほしいと願わざるを得ない。 但し、相場に波乱はつきもの。 強気を言って逆を行くよりは多少慎重なスタンスを取りながら結果として上昇パターンを描けると良いが、とにかく頑張れ!!と言いたい。 世界3位の経済大国である日本の2019年の名目GDPは推計で約557兆円。東証1部の時価総額を下回っており、世界各国に比べ伸びがほとんどないことは皆さんもご存知の通り。消費税増税でGDPの6割を占める消費の伸びが抑制されたことが日本経済の成長を阻害してきたことは多くの識者が指摘する通りである。 それでも法人税減税効果から企業の利益は増
  • 有料メルマガライブラリから(296)「半年から1年ほど先を見て投資した株をホールドしたい」

    2019-07-03 12:53  
     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。=コラム「半年から1年ほど先を見て投資した株をホールドしたい」= (有料メルマガ第437回・2017/6/20配信号)※2017年6月現在の内容です。留意してお読み下さい。(前略)― マネー雑誌で大きな資産を作った個人投資家が何人も紹介されるようになりました。それぞれ自分に適した投資手法を駆使して成功しています。でも最初から失敗もなく資産を大きくできた人は無く、みな手痛い失敗をしながら成功への道筋を見つけています。失敗しても諦めなかった人が成功を手にしたのです。 ― インターネットの発達やネット証券の台
  • 株って何?!投資家の悩みお聞きします!!

    2018-04-19 02:36  

     一緒に考えましょう!!というキャッチフレーズでお馴染みの青山繁晴参院議員に倣って、私も「一緒に考えましょう!!株のこと」を始めたいと思います。  ごく当たり前ではありますが、原点に戻って「株って何?」の話から始めたいと思います。  株式に投資したことがないけど何だか面白そうと考えておられる皆さんも、株式投資を既になさってはいても、なかなか成果が上がらない、どうしたら良いのか・・などと悩まれている方もお見えになるのかも知れません。  最近、私のところにも「まとまったお金ができたけど、どうしたら良いでしょうか?」というご相談が来るようになってきました。このところの株式相場の調整を受け、こうした皆さんが増えているのではないかと株式投資のアドバイザーとしての立場もある私から、億の近道の読者の皆さんにもお悩み事相談を承ろうと考えております。  読者の皆さんは千差万別のお悩みを抱えておられるのか
  • 億近執筆陣の素顔 成功する個人投資家とは

    2018-02-02 00:40  

     私が億の近道で執筆をさせていただいてから約1年が経過するのですが、先日、億近執筆陣の新年会に参加してきました。  私は個人向け金融コンサルティングとして仕事をしている事もあり、個別株は専門外で運用手法も超長期国際分散投資が専門です。  ですから普段は個別株の投資家さんとお会いする機会はなく、どんな人達なんだろうと興味深々で参加してきました。  その感想をレポートしたいと思います。 <参加した人> 水島寒月さん(金曜日) 山本潤さん(火曜日) 炎のファンドマネージャーさん(月曜日) 小屋洋一さん(水曜隔週)  さて、みなさんは成功している個人投資家ってどんなイメージ持ちますか?  私は(全国の個人投資家さん、すいません)根拠なく以下のイメージを持っていました。 ・お金持ってる風外見してそう ・お金の話大好きそう ・超論理的思考そう ・無駄が嫌いそう ・合理主義で冷たそう ※梶原の独断と
  • 経営者は夢を語る、投資家はその夢に賭ける

    2016-11-30 02:34  

     投資家は夢を語る経営者にこそリスクマネーを投じる。  PERの高さは夢の大きさの度合いに比例する。  いきなりつぶれる心配がないのであれば企業は収益拡大という夢を追求すべきです。IRセミナーでは経営者が過去から現状までの現実的な話をしますが、夢を語らないとなかなか投資家はついてこない。夢の中身を評価して投資家はその夢にリスクマネーを投じることになります。  投資家は自己責任の下で投資するべき企業を選択し、その企業の株にリスクマネーを投じます。そうした選択に夢の部分は欠かせません。  上場企業は上場していない会社よりも信用度が高く、ビジネスのフロントランナーであり続けないとなりません。  技術力を磨き、新製品を生み出し、サービスを充実させ組織を効率良く拡大させていく方向性を示し、なおかつ業績の拡大を実現できる企業には投資家の評価が高まります。  PERは企業によってまちまちです。夢の実
  • "私の職業は投資家です。"の時代

    2016-06-07 18:06  
    為替が一気に円高に進んだことで相変わらず日経平均は波乱の商状が見られます。その一方で着実に内需系銘柄には物色の矛先が向かっていると感じておられる方も多いのではないでしょうか。  こうした変動の激しい相場展開においては冷静に相場を分析する力が必要になります。相場に変動はつきもの。それに飲み込まれず過度に悲観視も楽観視もしないで着実な運用に努めて頂きたいところです。  少子高齢化や貧富の差が広がる中にあっても総体的な個人金融資産額は増加傾向にあります。皆さんが保有されている資産を安定的に増やす時代でもあります。  そこで求められているのは投資する企業を見極める目です。リスクを見抜きリターンを追い求める億の近道に集う皆さんのような個人投資家が株式市場内において着実に増えていると拝察します。  個人投資家の皆さんも様々な手段で企業経営者の話を聞く機会があるかと思います。中には直接IRセミナーなどで
  • 物言う株主倶楽部

    2013-08-27 15:33  
    日本にはどのぐらいの上場企業の株主が存在しているのでしょうか?  日本の人口は1億2000万人、18歳以下の子供や80歳以上の高齢者を除くと7000万人ぐらいが何らかの経済活動、金融活動に関わっていると推察さ れますが、そのうちの3分の1が上場企業の株式を何らかの形で保有していると考えれば2300万人程度の株主が存在しているということになります。  また複数の銘柄を持つ投資家や日本人以外の外国人投資家もいますので、延べで考えますとその数はもっと凄い数になるでしょう。  株主数の最大企業は第一生命だとされます。100万人以上の株主に支えられている企業です。生命保険の加入者=株主ということなのでこれには敵いませんが、これに続くのがみずほFG、NTT、三菱UFJとなります。時価総額にほぼ比例した株主数だとも言えます。  昔からたくさんの株主に支えられた大型企業の株主は買い安心感からやたらたくさん