• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 58件
  • 相川伸夫のピックアップ銘柄決算フォロー カンロ(2216)・AB&Company(9251)・フリュー(6238)

    2022-05-19 13:23  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きのあったもののみ掲載) ※5月13日(金)執筆時点・カンロ(2216)19年11月5日配信 株価1665円⇒1580円(-5%)・AB&Company(9251)22年1月10日配信 株価1104円⇒720円(―35%)・フリュー(6238)22年4月4日配信 株価1085円⇒918円(―15%) 上記3社について、カンロとABについてはZoomにて1Hの取材をさせて頂きましたのでそのレポートを、フリューに関しては決算後取り急ぎ電話で30m+メールで確認できたことを共有したいと思います。■カンロ(2216) 同社についておさらいです。 カンロは飴とグミの製造販売卸販売を手掛ける創業100年以上の老舗であり、2019年に記事を書いたシナリオがコロナで足踏みを余儀なくなり、やっと始まる展開になってきたように思います。取材時の話でもグミ設備稼働率は絶好調
  • 相川伸夫の新規ピックアップ銘柄フリュー(6238)

    2022-04-06 13:03  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きのあったもののみ掲載) ※4月1日(金)執筆時点・AB&Company(9251)22年1月10日配信 株価1104円⇒850円(―20%) 最も懸念していたIPO直後の1Q決算数字が想定よりも悪く株価は勢いよく下に行きました。 ただ、悪材料に合わせて優待利回り10%超えになる開示を織り交ぜてくるあたりはきちんと株価意識をしていることが確認できたので良いと思います。 決算後の取材は4月末に予定しているのでそこでの内容はまたこちらで報告したいと思います。同社のビジネスモデルは出店効果で下期にかけて加速していくモデルですので元々1Qは進捗率の観点で売られる可能性はありました。が、そういう問題以前の数字となりましたので大きく売られてしまいました。 まだ取材していないのでどういう状況なのか推測でしか語れませんが、今期通期の数字の達成は相当困難になったと思い
  • 相川伸夫の信和・丸順3Q取材報告

    2022-03-10 00:16  

     年明けからキツイ相場が続いています。 こんな時に株をやる必要があるのか?というレベルで厳しい様相になってきています。つい二年前のまさに今頃が地獄の窯が開いて奈落行きの切符さながらでした。 今回のウクライナとロシアをきっかけにしたこの動きは戦争という側面だけではなく、資源価格の高騰に加え小麦価格の高騰を引き起こしています。さらには半導体製造に関するガスが世界的にウクライナとロシアに集中していることから今でもひっ迫している半導体不足がさらに深刻になるリスクも出てきています。・希少資源に調達危機 ロシア・ウクライナ産7割依存も半導体ガス一部停止2022年3月4日https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58768540U2A300C2MM8000/ この状況でも行けるだろうと思えるのは値上げが出来ていて利益が確保できており、かつその利益を十分に株主還元している
  • 相川伸夫の新規ピックアップ銘柄AB&Company(9251)

    2022-01-19 12:34  

     新年あけましておめでとうございます 私がこちらで執筆を始めさせていただいたのが2016年の12月でしたので、早くも5年以上が経過しました。 ピックアップ銘柄として執筆をした銘柄も19銘柄になりました! 2016年の執筆スタート時は兼業投資家の身分であり、かつあの時の運用資産は500万円くらいだったかと記憶しています。それから資産を増やしながら億に到達し、トヨタ系列の会社を退職してリンクスリサーチに入社したのが2019年1月のことです。※研修という名目で2018年の春ごろから活動はしていたのでその方が実態に近いかもですね。 リンクスリサーチに入るまでは材料投機を中心にやっていましたが、アナリストとして取材をこなしながら業績分析に基づく投資目線での能力向上に努めてきました。 月一の不定期で執筆するごとに過去掲載した全ピックアップ銘柄を配信時株価と比較してパフォーマンスを出してますが、昔の私
  • 相川伸夫の新規ピックアップ銘柄 信和(3447)

    2021-12-22 15:41  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きのあったもののみ掲載) ※2021年12月17日(金)執筆時点・ギガプライズ(3830)21年5月24日配信 株価1391円⇒1044円(-25%) 大変お安くなりました! この銘柄がバリュエーションにおいて評価が低いのはいまだに名証単独上場銘柄だというポイントですね。その分、会社の動きいかんによっては面白いのではないか?と思って私は先んじて取り上げさせていただいております。 ピックアップ記事で書かせて頂いたときの記事はこちら↓https://ch.nicovideo.jp/okuchika/blomaga/ar2024238 ギガプライズは今期2Qで全戸型マンションISP供給戸数82.1万戸となり、ついにこの業界で暫定1位になりました!おめでとうございます! 12/16に新規上場してきたブロードエンタープライズをご存じでしょうか? こちらはギガプ
  • 相川伸夫の新規ピックアップ銘柄三栄建築設計(3228)

    2021-10-28 23:46  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きのあったもののみ掲載) ※2021年10月22日(金)執筆時点・丸順(3422)18年9月18日配信 配信時株価826円⇒955円(+16%) 丸順は前回9月24日配信時に『現状、半導体不足による国内自動車メーカーの減産という悪材料吹き荒ぶ嵐の中にあります。正直今は買える材料がないのでこれだけ株価は下がってしまっています。』
    という話をしましたが、このタイミングでCATL向けEV電池用カバーの話が記事になって紹介されたことや割安出遅れ銘柄のニュースもここに来て増加したことで動意付いてきました。 丸順の2Q決算はまもなくです。 ちなみに国内は3-9月分で、海外分は3か月遅れて連結しているので次の決算では海外については12-6月の数字が連結開示されます。中国は1-5月までは好調そのものであり、6月からは半導体不足の影響が出てきました。 国内は7月から本
  • 相川伸夫のピックアップ銘柄フォロー&信和(3447)と三栄建築設計(3228)の小話

    2021-09-29 15:17  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きのあったもののみ掲載) ※2021年9月24日(金)執筆時点・山王(3441)2016年12月19日配信 株価560円⇒1940円(+246%)・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信 株価1970円⇒9150円(+364%)・丸順(3422)18年9月18日配信 株価826円⇒809円(-2%) 山王は再生エネルギー、特に水素枠として広く認知されるようになり、本業でもしっかりと黒字になり、私が初めて執筆した2016年末からもうすぐ5年が経とうとしています。水素透過膜及び銀メッキアクリル粒子の新規事業の進展についても今後どうなっていくのか見守りたいと思います。 東京エレクトロンデバイスは執筆から3年半で+364%とすさまじく株価が上がりました。 特に9/6の上方修正を契機に5810円から9000円突破まであっという間のことでした。正
  • 相川伸夫の決算説明会報告(丸順3422&中央自動車工業8117)

    2021-06-09 14:27  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きがあった物だけ抜粋) ※6月4日(金)執筆時点・中央自動車工業(8117)20年10月9日配信 株価2020円⇒3155円(+56%)※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経過観察です。 銘柄には大化け狙いと堅実成長狙いの銘柄が混じっており、銘柄数もかなり増えたので全てを列挙することはやめることにしました。 5/28に丸順と中央自動車工業のオンライン決算説明会が開催されました。 ポイントは両社ともにこうした動きがこれまで全くなかったにもかかわらず、今回、説明会が開催された点にあります。 両社ともにきちんとした決算説明資料を使用した会社プレゼンがあり、その後質疑時間も20分弱ありました。しかし、残念ながら6/4現在ではこうした資料がHP等で開示されてはいないように見受けられます
  • 相川伸夫の新規ピックアップ銘柄 ギガプライズ(3830)

    2021-05-27 02:20  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きがあった物だけ抜粋) ※5月21日(金)執筆時点・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信 株価1970円⇒5980円(+204%)・中央自動車工業(8117)20年10月9日配信 株価2020円⇒2945円(+28%) 東京エレクトロンデバイスはずっと応援を続けている企業の一つですが3月以降半導体需要の高まりも重なって1か月ちょっとで4000円⇒6000円まで大きく上昇しました。 同社は配当性向が40%で固定させているのが過去の実績でも明らかであり、今回の3月決算で今期の業績も特別利益込みで配当金も大きく上がりますます買いが入った形です。 昨年9月にフォローアップ記事を執筆してからわずか9か月で2倍にまで評価が高まりました。・相川伸夫の東京エレクトロンデバイス フォロー取材報告(2020年9月28日配信) http://okuchi
  • 相川伸夫の注目銘柄 丸順東証二部上場と今後の未来展望について

    2021-03-17 16:28  

    ■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー(動きがあった物だけ抜粋) ※3月12日(金)執筆時点・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信 株価1577円⇒1492円(-5%)・アバント(3836)18年6月25日配信 株価473円⇒1543円(+226%)・丸順(3422)18年9月18日配信 株価826円⇒1080円(+31%)※ピックアップ銘柄は買い推奨ではありません。 私の目で面白い、アツイ要素がある!という理由で記事を執筆した企業の経過観察です。 銘柄には大化け狙いと堅実成長狙いの銘柄が混じっており、銘柄数もかなり増えたので全てを列挙することはやめることにしました。■新報国製鉄(5542) 2月26日の朝に出たニュース『900度で膨張しない合金、新報国製鉄が量産技術』というのをきっかけに急騰。前日終値1052円からわずか1週間足らずで2倍まで上昇し、現在は増し担保規制が掛かり調整局面