• このエントリーをはてなブックマークに追加
どれも似たり寄ったり
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

どれも似たり寄ったり

2020-03-31 22:22



     3月13日から23日にかけ全体相場のクラッシュを横目に個別銘柄も急落を演じるに至ったが、そこには現金化を急ぐ投資家の事情があったものと推察される。

     日経平均に連動する主力銘柄は高値から25%から30%程度の値下がりで済んだ銘柄もあるが、中小型銘柄の多くは直近の高値から30%から50%という下落を見せた銘柄が多く、どれも似たような下落率を示していたのが印象的だった。
     この売りの嵐が一巡すると武漢ウイルスによる感染者の増加が伝えられても今度はその後の経済対策実施というポジティブな面を評価してのリバウンドを狙う動きが活発化し、日経平均に連動する主力銘柄では半値戻りを演じていたが、多くの中小型銘柄は3分の1戻りまでがせいぜいでその水準をクリアすると戻り売りに押される展開が見られる。つまりここでは個別銘柄の内容よりは単純に株価の下落率、戻りなどを想定した株価の変動が見出せる。

     どれも似たり寄ったりなのでそれぞれに関心のある銘柄を事前にピックアップして取り組むスタンスで安値圏での時間分散投資とその後のリバンド相場での戻り売りスタンスを実行するに越したことはない。


     ここでの投資シナリオは3月末を意識した全体相場の戻りと、個別株での10%から20%のリバウンド狙いがポイントとなっただろう。どの銘柄も似たり寄ったりとは言えるが、リバウンドする力は銘柄ごとに異なっている。
     ボトムから30%も反転上昇する銘柄もあれば10%がやっとこさという銘柄もある。


     そしてここでは深追いは禁物。
     戻り相場の後には2番底形成の動きも念頭に入れておく必要がある。

     2番底形成なら良いが底割れの恐怖も残る。
     何しろ前代未聞の恐慌相場の中にいると考えられるから、そのことだけは絶えず肝に銘じておきたい。


     参考までに先週までの指数の動きと個別主力銘柄の株価の動きをまとめてみたのでご参照願いたい。


    【指数動向】


     日経平均、TOPIXとも3月19日、17日の安値から3分の1戻りを達成!!
     また日銀ETF買いコストの19500円もクリア。
     TOPIXは先週末高値引け。次は2分の1戻り目指すか?


    1.日経平均
     先週末終値19389.43円
     3月25日高値19564.38(安値比+19.6%)
     半値戻り20237円 3分の1戻り18944円
     高値24115.95円(1.17)
     ⇒安値16358.19(3.19)値下がり率▲32.2%


    2.TOPIX
     先週末終値(高値)1459.49(安値比+21.7%)
     半値戻り1472.6 3分の1戻り1381.4
     高値1745.95(1.20)
     ⇒安値1199.25(3.17)値下がり率▲31.3%


    3.NYダウ
     先週高値22595.06ドル(安値比+19.4%)
     ⇒週末終値21636.78ドル
     出来高を伴って急落後に急反発。2兆ドル規模の経済対策に期待
     3分の1戻り達成後に反落
     2分の1戻り24243ドル 3分の1戻り22467.8ドル
     高値29568.57ドル(2.12)
     ⇒安値18917.46ドル(3.18)値下がり率▲36.0%


    4.ソフトバンクG(9984)
     2月高値5871円⇒3.19安値2609円 ▲55.6%
     戻り高値4242円(安値比+62.6%)半値戻り4240円をクリア!
     4.5兆円の株式売却資金で自己株買い実施。時価3887円。


    5.ファーストR(9983)
     2月高値61180円⇒3.19安値39910円 ▲34.8%
     戻り高値50630円(安値比+26.9%)
     半値戻り50545円達成後反落
     時価44430円。


    6.ソニー(6758)
     1月高値8113円⇒3.13安値5297円 ▲34.7%
     戻り高値6688円(安値比+26.3%)
     半値戻り6705円達成まであと一歩まで接近。
     時価6688円。


    7.トヨタ(7203)
     2月高値8026円⇒3.13安値5771円 ▲28.1%
     戻り高値7029円(安値比+21.8%)
     半値戻り6898円クリア!!
     時価7029円


    8.三菱UFJ(8306)
     12月高値603円⇒3.23安値380円  ▲37.0%
     戻り高値450円(安値比+18.4%)
     3分の1戻り454円、半値戻り491.5円
     時価450円


    9.NTT(9432)
     2月高値2908円⇒3.13安値2153円 ▲26.0%
     戻り高値2700円(安値比+25.4%)半値戻り2530円を達成
     トヨタとの資本提携発表し株価上昇
     時価2700円


    10.島津(7701)
     12月高値3505円⇒3.13安値2148円 ▲38.7%
     戻り高値2950円(安値比+37.3%)半値戻り2826円をクリア。
     CT装置の大手。短時間で検査可能な検査キット開発。
     時価2927円。


    11.富士フィルム(4901)
     1月高値5857円⇒3.13安値4152円 ▲29.1%
     戻り高値5238円(安値比+26.2%)
     先週末終値5020円(安値比+20.9%)
     アビガンの評価次第


    12.テノックス(1905)
     2月高値1026円⇒3.23安値 642円 ▲37.4%
     戻り高値766円(安値比+19.3%)
     3分の1戻り770円まであと一歩、半値戻り834円
     本日配当落ち。先週末750円。自己株買いの余地大。


    13.日創プロニティ(3440)
     1月高値830円⇒3.13安値 477円 ▲42.5%
     戻り高値557円(安値比+16.8%)
     3分の1戻り595円、半値戻り653円
     割安感はあるが戻り売りの圧力高いのか先週末は525円の安値引け。
     3分の1戻り目指すなら再度買いチャンス。


    14.アクセル(6730)
     1月高値1110円⇒3.23安値445円 ▲59.9%
     戻り高値660円(安値比+48.3%)
     3分の1戻り666円 半値戻り777円
     今3月期業績の上方修正発表後に株価急騰。3分の1戻り目前。
     時価650円。


    15.ズーム(6694)
     1月高値1428円⇒3.17安値785円 ▲45.0%
     戻り高値1280円(安値比+63.1%)
     3分の1戻り999円 半値戻り1106円
     半値戻り達成!!
     自己株5.1万株買い、上限金額換算で1株1500円を発表して株価の上昇に拍車。
     5月22日までの買い付けを予定。


    16.ミクシィ(2121)
     1月高値2077円(2017年高値7300円)
     ⇒3.19安値1340円 ▲35.5%
     戻り高値1819円(安値比+35.7%)
     今3月期業績を上方修正しリバウンドの動き。
     戻り高値からはまた押し目形成したが基調は強い。
     時価1646円
     巣ごもり族に訴求!!モンスト人気が復活!


    (炎)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    honoh_01.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。